【衝撃】8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』の意味が判明!?

 

あなたは"ラッスンゴレライ"という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは2015年に大ブレイクを果たした『8.6秒バズーカー』のネタの1つなのですが・・・

 

"本当の意味がヤバイ"

 

現在インターネット上では、8.6秒バズーカーの"ラッスンゴレライの本当の意味がヤバイ"と非常に大きな話題になっているのだそう。

ということで、今回は8.6秒バズーカーの"ラッスンゴレライの本当の意味"について詳しく見ていきましょう。

 

※ 2018年2月21日追記

 

『ラッスンゴレライ』の本当の意味がヤバイ!?

 

8.6秒バズーカーといえば、2015年に大ブレイクを果たし、一躍"時の人"となりました。

しかし、現在インターネット上では、『ラッスンゴレライの本当の意味がヤバイ』と噂されており、実は"ラッスンゴレライは原爆投下を意味しているのでは?"と非常に悪い噂が広まっているんです。

そもそも、原爆投下というのは"1945年"に日本で起きた"広島長崎原爆投下"のことです。

日本人にとって、これは決して忘れてはいけない歴史であり、これを貶すことは絶対に許されません。

果たして、"ラッスンゴレライ=原爆投下"を意味しているという噂は本当なのでしょうか・・・?

 

ラッスンゴレライ=落寸号令雷?

 

現在インターネット上では、"ラッスンゴレライの本当の意味は『落寸号令雷』である"といった噂が浮上しています。

落寸号令雷というのは、米軍が原爆を投下する時の命令名と言われているようです。

たしかに、落寸号令雷をカタカナで読むと、ラッスンゴレライになりますよね。

さらに・・・

 

  • キャビア
  • フォアグラ
  • トリュフ
  • スパイダーフラッシュローリングサンダー

 

これらの言葉は8.6秒バズーカーのネタの中に出てくるフレーズです。

特に"スパイダーフラッシュローリングサンダー"といえば、ラッスンゴレライと同じくらい印象的なフレーズ。

しかし、これらの言葉にも、実は"原爆投下に関連している"という噂があるのだとか。

 

キャビア = リトルボーイ(広島原爆)

フォアグラ = ファットマン(長崎原爆)

トリュフ = キノコ

スパイダー = 雲

フラッシュ = 閃光

ローリングサンダー = 爆音

 

特に"キノコ雲・閃光・爆音"などの言葉が原爆に大きく関連していると言われている原因だそうです。

ちなみに、"ラッスンゴレライ=落寸号令雷"の説は、とあるツイッターユーザーのツイートで広まったそうです。

 

▲ツイートの添付画像①

▲ツイートの添付画像②

 

こちらは実際にラッスンゴレライのネタのセリフを元に、"ラッスンゴレライ=原爆投下"の説を解説されています。

ちなみに、こちらのツイートを行ったアカウントは既に退会されているため、この説の真相を調べることはできないのだそう。

 

ラッスンゴレライ=Less than Gorilla?

 

さらに、ラッスンゴレライは"Less than Gorilla"を意味しているといった噂も出ているようです。

こちらの説は8.6秒バズーカーと同じく、2015年に大ブレイクを果たした"厚切りジェイソン"さんの発言がきっかけとなっているようです。

過去に厚切りジェイソンさんは自身のツイッター上で、以下のような発言をされています。

 

 

そもそも、厚切りジェイソンさんの出身はアメリカです。

そのため、どうやらラッスンゴレライが"Less than Gorilla"に聞こえるのだそう。

そして、『Less than Gorilla』の意味は"ゴリラ以下"とのこと。

さらに、ラッスンゴレライは"Listen Gorilla(聞け日本猿)"を意味しているという噂も出ており、こちらは韓国人が日本人を煽る時に使う言葉なのだそう。

そのため、"ラッスンゴレライは『日本人はゴリラ以下』という意味があるのでは?"と噂になっているようです。

 

『8.6秒バズーカー』の本当の意味がヤバイ!?

 

先程の『ラッスンゴレライ=原爆投下』の噂に引き続き、実は"8.6秒バズーカー"も原爆投下を暗喩しているといった噂が出ているんです。

どうやら、以下の理由で"8.6秒バズーカー=原爆投下"の噂が浮上しているようです。

 

8.6= 8月6日(広島原爆投下日)

秒 = second(意味:秒,再来)

バズーカー = Bazooka(バズーカ)

 

この噂が本当なのだとしたら、これはかなり危険ですよね。

さらに、問題となっているのが、8.6秒バズーカーの"単独ライブのポスター"です。

 

▲単独ライブのポスター

 

こちらが8.6秒バズーカーの単独ライブのポスターです。

そして、以下は"原爆の子の像""平和祈念像"の写真なのですが、8.6秒バズーカーの2人のポーズと非常に似ていると言われているようです。

 

▲原爆の子の像

▲平和祈念像

 

たしかに、はまやねんさんと原爆の子の像のポーズは非常に似ていますよね。

そして、田中シングルさんと平和祈念像のポーズも似ています。

そのため、"8.6秒バズーカー=原爆の再来"と噂されており、こちらも数多くの批判の声が出ているようです。

もちろん、"原爆と同じくらい芸能界にインパクトを残す"といった意味も考えられます。

 

『ラッスンゴレライ=原爆投下』の噂の真相は?

 

忘れてはいけないのが、この噂はあくまでもインターネット上の疑惑ということ。

8.6秒バズーカーの2人が公言したわけでもなければ、8.6秒バズーカーの親しい人物が発言したことでもありません。

ちなみに、8.6秒バズーカー本人は・・・

 

 

このように『意味のない言葉』だと、ハッキリとコメントしています。

さらに、8.6秒バズーカーのコンビ名の由来として・・・

 

8.6秒 = 50m走のタイム

バズーカー = バキューム

 

8.6秒バズーカーはこのように発言しているようです。

"8.6秒"ははまやねんさんの学生時代の50m走のタイムなのだそう。

そして、8.6秒バズーカーは当初のコンビ名の候補に"バキューム"があったようです。

しかし、バキュームは"バキュームカー"を連想するため、テレビ向きの名前ではないということで、却下したのだそう。

 

お笑い界の都市伝説

 

さらに、お笑い芸人の"鳥居みゆき"さんも、先程の8.6秒バズーカーと同じように"ネタのセリフがヤバイ"と言われてきたようです。

鳥居みゆきさんといえば、"ヒットエンドラン"というセリフが非常に有名です。

しかし、インターネット上で"ヒットエンドランは『躁鬱』と『ヒトラー』を暗喩している"といわれ、非常に大きな話題となりました。

 

ヒット = 打つ = うつ

ラン = 走 = 躁

ヒットエンドラン = 躁うつ

 

たしかに、ヒットエンドランの言葉を分解して、それぞれを言い換えれば"躁鬱"という解釈もできます。

しかし、ヒットエンドランは元々は野球の用語ですよね。

さらに、この噂はインターネット上で広まったということもあり、あくまでも"デマ情報"というのが有力だそうです。

 

※ 2018年2月21日追記

 

2018年2月に8.6秒バズーカーの2人が『ラッスンゴレライ』の本当の意味と真相を釈明し、非常に大きな話題となりました。

現在インターネット上で噂されている『ラッスンゴレライ』の数多くの憶測は、どうやら全てデマ情報だそうで、8.6秒バズーカーの2人は『僕達はバカだからネタの中にそんな伏線を張れるような芸当を持っていない』と発言されています。

たしかに、現在インターネット上で噂されている都市伝説が全て本当だとしたら、8.6秒バズーカーの2人は非常に高度なネタ作りをされているということになります。

さらに、『8.6秒』はやはりはまやねんさんの50m走のタイムだそうで、『ラッスンゴレライ』は何の意味もない咄嗟に思いついたワードとのこと。

とはいえ、やはりインターネットユーザーの多くは『偶然にしては出来すぎている』『狙ってネタを作ったに違いない』という声が今でも数多く出ているようです。

 

まとめ

 

"ラッスンゴレライ=原爆投下"の噂は非常に危険ですが、あくまでも"ネット上の噂"ということを忘れてはいけません。

さらに、ラッスンゴレライは原爆投下の噂だけでなく、『Lus golier luyn』という解釈もされているようです。

ちなみに、『Lus golier luyn』の意味は"兵庫においでよ"なのだそう。

どうやら、ラッスンゴレライをスペイン語で言うと"兵庫においでよ"という意味になるのだそう。

どちらにしても、インターネット上の噂を信じるか信じないかは、あなた次第です!

 

関連記事

【お笑い芸人】レインボー池田直人の女装が可愛い!?

2018.01.01

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です