17Live(イチナナ)のトップライバーの収入がエグい【ライブ配信アプリ】

 

RYOSUKE

こんにちは、RYOSUKEです。

 

今回は『17Live(イチナナ)』のトップライバーの収入がエグいということについて、詳しくまとめてみました。

どうやら、既にライブ配信のみの収入で生計を立てられる時代がやって来ているみたいです。

君も・・・

 

ライブ配信で大金持ちになれるぞ!

 

👉17Live(イチナナ)公式サイト

 

17Live(イチナナ)とは

 

台湾発のライブ配信アプリです。

2015年にリリースされ、その後、アジア圏を中心に爆発的なブームとなり、今や世界中で大人気のライブ配信アプリとなりました。

イチナナのダウンロード方法や使い方に関しては、こちらの17Live(イチナナ)の使い方・評判・危険性をまとめてみたで詳しく解説しています。

 

✨関連記事✨

17Live(イチナナ)の使い方・評判・危険性をまとめてみた【ライブ配信アプリ】

2018.09.21

 

イチナナは本当に稼げるの?

 

めちゃくちゃ稼げます。

 

イチナナは数多く存在するライブ配信アプリの中でも、特に収益化の仕組みが整っていると言われています。

以前にテレビ番組で『稼げるライブ配信アプリ』として、イチナナが紹介されたということもあり、そこから一気に『イチナナは稼げる!』と非常に大きな話題になりました。

そして、瞬く間に数多くのライバーが他のライブ配信サービスからイチナナに移行し、さらに、最近はモデル・俳優・女優・アイドルなどの芸能人もこぞってイチナナに参戦しています。

 

👉17Live(イチナナ)公式サイト

 

ライバーが稼げる=業界が盛り上がる

 

ライブ配信業界において、『ライバーが稼げる』というのは非常に重要なこと。

ライブ配信が収入に繋がるということは、ライバーのモチベーションアップになるだけでなく、各ライバーの配信時間や配信頻度が増えることで、業界全体の盛り上がりに繋がります。

そして、イチナナは世界中で話題のライブ配信アプリとして有名になり、今後はインスタグラムやユーチューブ以上に大きな媒体になるといった意見も数多く出ているようです。

 

イチナナの収入の仕組みは?

 

イチナナを始め、ライバーの主な収入源は視聴者からの『投げ銭』となっています。

 

投げ銭を簡単に説明すると、路上で歌を歌ったり、楽器を演奏しているストリートミュージシャンに感謝や応援の気持ちとして、自分で金額を決めてお金を払うといった感じ。

イチナナでは、投げ銭を『ギフト』と呼んでおり、視聴者はポイントを購入して、それを自分のお気に入りのライバーにプレゼントすることができます。

中には、1回のライブ配信で数万円以上のギフトを贈る人もいるというのですから、まさにイチナナのライバーは自分のファンのギフトによって収入の大きさが決まるといっても過言ではありません。

 

お金を払わないと見れないの?

 

基本的にイチナナは無料でライブ配信を視聴できますし、無料でライブ配信を行うことができます。

しかし、視聴者の中には『自分のお気に入りのライバーさんともっと仲良くなりたい』という思いから、ライバーにギフトを贈る方が非常に増えています。

 

お互いにウィン・ウィンの関係

 

投げ銭はライバーにとっても、視聴者にとっても、お互いにウィン・ウィンの関係になっています。

視聴者側は自分のお気に入りのライバーにギフトを贈ることで、『◯◯さん、ありがとうございます!』と声を掛けてもらったり、自分の存在や名前を覚えてもらえます。

特にイチナナはライバーと視聴者の距離が非常に短いため、自分の存在をアピールすることで、ライバーの方から話しかけてもらえることも少なくありません。

 

一方、ライバー側は視聴者からのギフトが自分の収入になるため、『配信頻度や配信時間を増やそう!』『もっと楽しい配信を心がけよう!』とモチベーションアップに繋がります。

さらに、ライバーは自分のファンが増えれば増えるほど、ギフトを贈ってくれる視聴者が増えるため、中には、たった1回のライブ配信で数百万円以上の収入を稼ぐ人もいるのだそう・・・。

これは夢がありまくりです。

もしかすると、近い将来、『子供がなりたい職業ランキング』にライバーが上位にランクインすることもあるかもしれませんね。

 

トップライバーの収入を考察してみた

 

イチナナのギフトは『1ポイント=1円』で換算されます。

しかし、ギフトはライバーと運営会社で折半されるため、実際にライバーの収入になるのは『1ポイント=0.5円』です。

つまり、1回のライブ配信で10万円のギフトを貰った場合、ライバーは5万円の収入を得るということになります。

そして、イチナナは贈られたギフトの量がランキング形式で表示されるため、この仕組みを理解していると、実際にトップライバーが得ている収入額が生々しいほどに見えてきます。

 

トップライバーの日別の収入

 

こちらはトップライバーの日別の収入のランキングです。

ランキング1位の方は『448,060』と表示されていますので、この方はたった一日で22万円以上の収入を得ているということになります。

日給22万・・・。

良い意味で恐ろしすぎる・・・。

 

トップライバーの週別の収入

 

こちらはトップライバーの週別の収入のランキングです。

ランキング1位の方は『5,974,150』と表示されていますので、この方は1週間で約300万円の収入を稼いだことに・・・。

これが1年続けば、完全に年収が億を超えます。

 

トップライバーの月別の収入

 

こちらはトップライバーの月別の収入のランキングです。

ランキング1位の方は『8,861,531』と表示されていますので、この方は1ヶ月で約450万円の収入を稼いだことになります。

驚くことに、この記事を執筆したのは2018年9月13日ですので、たったの13日間で500万円近い収入を稼いだということになります。

ライブ配信、エグい・・・。

 

トップライバーの稼ぎ方が凄い

 

そもそも、イチナナは非常にワールドワイドなライブ配信アプリであり、日本に居ながら海外のライブ配信を簡単に視聴することができます。

特にイチナナが爆発的なブームになった、中国や台湾は自分のお気に入りのライバーに躊躇なく投げ銭やギフトを贈る人が多いのだそう。

そのため、実際に稼いでいるトップライバーの多くは中国語や台湾語を学んでおり、日本以外の国の視聴者を獲得しようと日々努力しているようです。

 

つまり、ライブ配信で稼ぐためには、常に視聴者を楽しませる配信を心がけるのはもちろん、『ビジネスとして行う』という意識が重要になりそうです。

今後、本気でイチナナで稼ぎたいと思っている方は、ワールドワイドな配信を心がけた方がいいかもしれませんね。

 

👉17Live(イチナナ)公式サイト

 

YouTuberとの違いは?

 

YouTuberといえば、『子供がなりたい職業ランキング』の上位にランクインしている、話題の職業ですよね。

YouTuberとライバーは非常に似ており、どちらも自分のファンが増えれば増えるほど、収入もどんどん増えていきます。

YouTuberの主な収入源は広告収入であり、動画の視聴回数によって収入が大きく変わります。

しかし、基本的に広告収入は単価が非常に低く、よく『1再生当たり0.1円』と言われていますよね。

 

一方、イチナナのギフトは約50円~数万円と非常に幅が広くなっており、中には、1回のライブ配信で数十万円~数百万円の収入を稼ぐ人も続々と増えています。

どちらも自分のファンを増やすことで収入が増えるというのは変わりませんが、イチナナの方が圧倒的に単価が高いということが分かります。

近年、YouTuberは稼げる職業として認知されていますが、個人的に、お金が動く大きさはライブ配信の方が勝っていると思います。

 

YouTuberのメリット・デメリット

 

YouTuber

👍メリット

  • 人気が出れば大きく稼げる
  • 動画が資産になる
  • 自分がブランドになれる

👎デメリット

  • 単価が低い
  • 広告主が撤退する可能性がある
  • 動画の収益化の審査が厳しい
  • 既に飽和状態
  • ほとんどの人が稼げない

 

YouTuberの最大のメリットといえば、何と言っても『人気が出れば大きく稼げる』ということでしょう。

しかし、実際に大きく稼いでいる人は一部であり、ほとんどのYouTuberは稼げていないというのが事実です。

実は僕も過去に動画を投稿しており、チャンネル登録者数が1万人を超えるチャンネルを運営していたのですが、何ヶ月待っても収益化が始まらず、遂に動画投稿を辞めてしまいました。

YouTuberは動画のジャンルによっては、どんなに人気が出ても全く収入が入ってこないということもありますので、正直、なかなか厳しい業界です。

 

ライバーのメリット・デメリット

 

ライバー

👍メリット

  • 人気が出れば大きく稼げる
  • 短時間で大きく稼げる
  • 自分がブランドになれる

👎デメリット

  • ファンがいないと収入が増えない

 

ライバーの最大のメリットは自分のファンが増えれば増えるほど、それに比例して収入が増えるということ。

YouTuberの主な収入源は広告収入であり、相手はあくまでも企業です。

つまり、企業の商品に合わない動画は広告が付きませんし、広告主の撤退によって、収入が一気にゼロになるということも考えられます。

 

一方、ライバーの主な収入源は投げ銭(ギフト)であり、相手は視聴者ですので、自分のファンを獲得できれば、絶対的に収入を得ることができます。

最近はイチナナのライブ配信のみで生計を立てている人も増えているようで、その人は1日のほとんどの時間をライブ配信に費やしているようです。

ライバーはライブ配信をすればするほど、それが収入になりますので、ライブ配信が好きな人にとっては、YouTuber以上に最高の職業なのかもしれませんね。

 

👉17Live(イチナナ)公式サイト

 

まとめ

 

今回は『17Live(イチナナ)』のトップライバーの収入がエグいということについて、詳しくまとめてみました。

YouTuberの収入もエグいですが、イチナナのトップライバーの収入はそれ以上かもしれません。

今はYouTuberブームということもあり、多くの方が動画投稿を始めていますが、今後はライブ配信がYouTuber以上に盛り上がるかもしれませんね。

 

✨関連記事✨

17Live(イチナナ)の使い方・評判・危険性をまとめてみた【ライブ配信アプリ】

2018.09.21