映画『シン・ゴジラ』のラストの尻尾の意味を徹底考察!【ネタバレ注意】

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

こんにちは、@RYSKKYです。

今回は映画『シン・ゴジラ』のラストの尻尾の意味を自分なりに考察してみたいと思います。

 

映画『シン・ゴジラ』のラストの尻尾の意味とは?

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

シン・ゴジラといえば、『エヴァンゲリオンシリーズ』で有名な庵野秀明さんが総監督・脚本を務め、世界中で非常に大きな話題となった怪獣映画ですよね。

そんな『シン・ゴジラ』ですが、物語のラストに映されるゴジラの尻尾が非常に謎が深いと話題になり、現在インターネット上では、様々な憶測と考察が飛び交っています。

 

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

こちらが問題のゴジラの尻尾なのですが、尻尾の先を見てみると、ゴジラと同じ背びれと尾を持つ人間のような生物らしきものが複数体生じているのが分かります。

そもそも、ゴジラといえば、ティラノサウルスやステゴサウルス、イグアナドンなどの恐竜と非常に近い姿をしていることで有名ですよね。

そのため、人型のゴジラというのは、非常に不気味で恐ろしい印象を受けます。

果たして、ゴジラの尻尾の先に生じている、謎の人間のような生物らしきものは、何を意味しているのでしょうか。

 

映画『シン・ゴジラ』のラストの尻尾はゴジラの第5形態を意味している!

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

どうやら、シン・ゴジラのラストに映される謎の尻尾はゴジラの第5形態を表していると公式が発表しているようです。

シン・ゴジラのラストを簡単に説明すると、ゴジラは人間の手によって凍結させられ、完全に倒してはいないものの、物語は人間の勝利に終わりました。

しかし、ゴジラの尻尾の先端に生じている人間のような生物らしきものは『ゴジラの凍結が少しでも遅かったら、人型のゴジラが大量に繁殖し、それらの背中に翼が生えて、世界中に拡散されていた』ということを意味しているようです。

 

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

つまり、ゴジラの凍結に失敗していれば、日本だけでなく世界中に翼が生えた人型のゴジラが繁殖し、全世界を覆い尽くすという結末を迎えていたのでしょう。

とはいえ、ゴジラの第1形態~第4形態までは恐竜のような姿をしており、何故、第5形態で非常に小さな人型の姿になったのかというのは疑問が残ります。

とはいえ、石原さとみさんが演じた、カヨコ・アン・パタースンが話しているように、ゴジラは急速に進化しており、実際に非常に短い時間の中で第1形態~第4形態へと変化しています。

実際に劇中でも、ゴジラに対して『まさに人知を超えた完全生物だ』というセリフもあるくらいですので、ゴジラ自身も巨大生物ではなく人型の方がより進化した姿だと考えたのかもしれませんね。

 

映画『シン・ゴジラ』のラストの尻尾の本当の意味とは?

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

先程もお伝えしましたが、物語のラストのゴジラの尻尾は第5形態を意味していると公式で発表しています。

しかし、インターネット上では、さらに深掘りした意見も数多く出ており、中には『ゴジラの本当の正体は牧教授である』といった非常に興味深い設問浮上しています。

そこで、以下では、映画『シン・ゴジラ』のラストの尻尾の本当の意味について、詳しく見ていきましょう。

 

ゴジラ=牧教授説

 

現在、インターネット上では、ゴジラの本当の正体は牧教授であるといった説が浮上しています。

牧教授とは、城南大学で細胞生物学の研究をしていた博士であり、物語の中で実際の人物が登場することはありませんでした。

牧教授は以前よりゴジラの研究を行っていたようで、ゴジラが近々日本に襲来するということを予測していたそうです。

さらに、牧教授は放射能の事故で愛する妻を失っており、その際に自分の妻に助けの手を差し伸べなかった日本政府に対して、非常に強い復讐心を持っていました。

 

私は好きにした、君らも好きにしろ

 

そして、牧教授が残した、このメッセージ。

牧教授は何を好きにしたのかということは詳しく描かれておらず、自分の妻を見殺しにした日本政府に復讐を果たすため、ゴジラに自らを食べられることで、ゴジラを操作していたという意見も出ています。

噂によると、シン・ゴジラは最終的にゴジラの尻尾から牧教授が出てくる設定だったという情報も出ているため、ゴジラと牧教授は何らかの関係があることは間違いなさそうです。

 

人間を取り込んでいる説

 

その他にも、ゴジラが人間を取り込んで自らの養分にしているという説も出ています。

物語の中でゴジラは街を破壊しながら、ただ移動していただけのように見えたという方は多いと思います。

しかし、実はゴジラは人間を取り込んで自らの養分としており、もっとたくさんの養分を得るために、人が多く集まる東京に向かって移動していたという意見も出ています。

 

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

つまり、これが本当だとすると、物語のラストのゴジラの尻尾に生じている人間のような生物らしきものは、ゴジラに取り込まれた人間が本当の正体なのかもしれません。

さらに、シン・ゴジラの監督を務めた、樋口真嗣さん曰く『ゴジラの尻尾の先の人間のような生物らしきものは物語の冒頭でグローリー丸を発見した海上保安庁の人たちらしい』と話しています。

もしかすると、ゴジラは自らの体内で人型のゴジラを生み出しているのではなく、取り込んだ人間を人型のゴジラに変えているのかもしれません。

 

映画『シン・ゴジラ』の続編はいつ?

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 

先程もお伝えしましたが、ゴジラは人間の手によって凍結させられているだけであり、物語の中で完全にゴジラが死んだというわけではありません。

劇中でも『我々はゴジラと共存していかなければならない』と話しているように、また日本がゴジラの脅威に曝される可能性も十分にあります。

さらに、物語のラストにゴジラの尻尾が意味深に映される演出もあるため、多くの方がシン・ゴジラの続編を希望しているようです。

 

しかし、その一方で『シン・ゴジラの続編は作られない』といった意見も非常に多く出ています。

実際にシン・ゴジラの総監督を務めた庵野秀明さんは過去に『(シン・ゴジラの続編は)僕はもういい』と話しています。

もし、今後、シン・ゴジラの続編が決定したとしても、庵野秀明さんがもう一度監督を務める可能性は非常に低いのかもしれません。

 

映画『シン・ゴジラ』のフル動画を見るなら『Amazonプライムビデオ』がおすすめ!

シン・ゴジラのフル動画を無料で見たいという方は、Amazonプライムビデオの無料トライアルを利用する方法が最もおすすめです。

詳しくはこちらの"映画『シン・ゴジラ』のフル動画を無料で見る方法"で分かりやすく解説していますので、そちらも併せて、ご覧ください。

 

関連記事

映画『シン・ゴジラ』のフル動画を無料で見る方法

2018.08.02