【保存版】仮面ライダーアギトの5つの魅力

 

こんにちは!リスキー(@RYSKKY)です!

今回は"仮面ライダーアギトの5つの魅力"について、詳しく見ていきましょう。

特に『仮面ライダーアギトを一度も見たことがない』という方、『もう一度、仮面ライダーアギトを見直そうと思っている』という方は、今回の記事を参考にしてみてください。

 

『仮面ライダーアギト』とは?

仮面ライダーアギトの詳細

放送期間:2001年~2002年

放送回数:全51話

主演:賀集利樹

キャッチコピー:目覚めろ、その魂

~あらすじ~

"未確認生命体事件"が4号(クウガ)と警察の活躍で解決し、未確認生命体が全滅してから2年。

嵐が去ったある日、浜辺に謎のオーパーツが打ち上げられた。時を同じくして発生する、物理的にあり得ない殺人"不可能犯罪"。その犯人は未確認生命体とは異なる謎の怪人だった。

『未確認生命体対策班』は有事の際の備えに開発していた対未確認生命体用パワードスーツ・G3で新たに現れた謎の怪人と戦うが、未確認生命体を凌駕する能力の前にまるで歯が立たない。しかし、その怪人を突如現れた謎の戦士が倒してしまう。その戦士の姿は、行方をくらませた"4号"に酷似していた。

新たな怪人『アンノウン』とアンノウンに"アギト"と呼ばれる戦士の戦いが始まる。

仮面ライダーアギトの5つの魅力

 

◆3人の仮面ライダー

仮面ライダーアギトの最大の魅力といえば、やはり"3人の仮面ライダー"の存在は非常に重要なポイントです。

仮面ライダーアギトでは、『仮面ライダーである男、津上翔一(アギト)』『仮面ライダーになりたい男、氷川誠(G3)』『仮面ライダーになってしまった男、葦原涼(ギルス)』の3人の登場人物が存在します。

その後、『仮面ライダーであろうとする男、木野薫(アナザーアギト)』も登場しますが、仮面ライダーアギトの主人公は『津上翔一・氷川誠・葦原涼』の3人といっても過言ではありません。

特に氷川誠の仮面ライダーになろうとしてもなれない自分の無力さとの戦い、葦原涼の仮面ライダーになってしまった自分の運命との戦いは非常に印象的です。

 

◆謎が謎を呼ぶ展開

そもそも、仮面ライダーアギトは『あかつき号事件』という、嵐に巻き込まれた遊覧船の事故が物語の鍵を握っています。

そして、3人の仮面ライダーがあかつき号事件をきっかけに絡み合っていき、物語が進むに連れて、あかつき号事件の全貌が明らかになっていく様子は非常に印象的です。

仮面ライダーアギトは謎が謎を呼ぶ展開、謎を解く連続性も非常に魅力的ですので、仮面ライダー作品としてだけでなく、サスペンスドラマのような面白さもあります。

 

◆伏線回収の秀逸さ

仮面ライダーアギトは平成仮面ライダーシリーズの中で番組最高視聴率、平均視聴率の最高記録を叩き出しており、現在も非常に根強いファンが数多く存在しています。

しかし、仮面ライダーアギトは『平成仮面ライダーシリーズ』の第1作目の『仮面ライダークウガ』、13人の仮面ライダーの壮絶なバトルロイヤルを描いた『仮面ライダー龍騎』に挟まれているため、『仮面ライダーアギトは影が薄い』『パッとしない』といった酷い言われようをされています。

では、何故、そんな仮面ライダーアギトが現在も非常に根強い人気があるのかというと、それは"伏線回収の秀逸さ"にあるでしょう。

 

 

先程もお伝えしましたが、仮面ライダーアギトは『あかつき号事件』が物語の大きな鍵を握っています。

物語の序盤から数多くの謎と伏線が貼られており、物語が進むに連れて、それらの謎が明らかになっていくため、視聴者としては『早く次が見たい!』という衝動に駆られます。

特に平成仮面ライダーシリーズは全50話という非常に長い作品が多いですので、最初から最後まで飽きずに見られるというのは非常に魅力的です。

 

◆物語の世界観

これまでの仮面ライダーシリーズといえば、悪の組織が世界征服を企み、その野望を仮面ライダーが阻止するというのが基本的なストーリーでしたよね。

ですが、仮面ライダーアギトは石ノ森章太郎先生の『サイボーグ009(神々の戦い編)』が原案になっていると言われており、主に"神話"をモチーフとしたストーリになっています。

そもそも、仮面ライダーアギトは『闇の力』と呼ばれる創造主と『光の力』と呼ばれる創造主の戦いによって生まれた存在であり、仮面ライダーアギトに登場する怪人・アンノウンは元々は神に仕える天使のような存在です。

 

 

さらに、仮面ライダーアギトの世界の歴史を表す、オリジナルイコンが作られているなど、他の作品と比べて、仮面ライダーアギトは物語の内容はもちろん、物語の世界観から緻密に考え抜いて作られているのが分かります。

あかつき号事件を始め、作品全体が非常に細かい設定の上で作られているというのも、仮面ライダーアギトの最大の魅力といっても過言ではないでしょう。

 

◆デザイン・ビジュアル

主人公の仮面ライダーアギトはもちろん、それぞれの仮面ライダーのデザインやビジュアルが非常に秀逸であるというのも、仮面ライダーアギトの魅力の1つです。

例えば、仮面ライダーアギトの基本形態・グランドフォームは金色をベースに非常にシンプルでありながら、神秘的な美しさを感じ、強化形態のバーニングフォームは全身が溶岩のようなデザインとなっており、いつ暴走するか分からないような非常に力強い印象があります。

その他にも、仮面ライダーG3はロボットのような機械的なかっこよさがあり、仮面ライダーギルスは"仮面ライダーアマゾン"のような野性的なビジュアルと荒々しい戦い方が非常に印象的です。

まとめ

 

今回は"仮面ライダーアギトの5つの魅力"について、詳しくご紹介しました。

以下の"関連記事"も参考になると思いますので、そちらも併せて、ご覧になってみてください。

 

関連記事

【保存版】仮面ライダーZOの7つの魅力

2018.07.01

【保存版】仮面ライダークウガの6つの魅力

2018.06.14

【保存版】仮面ライダー響鬼の7つの魅力

2018.06.06

【保存版】仮面ライダー剣(ブレイド)の7つの魅力

2018.06.03

【保存版】仮面ライダー龍騎の7つの魅力

2018.05.27

【保存版】仮面ライダー555(ファイズ)の5つの魅力

2018.05.23

【保存版】平成仮面ライダーの歴代俳優をまとめてみた

2017.12.30