超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーはどっちが強い!?

 

このページでは、"超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーはどっちが強いのか?"ということについて徹底検証してみましょう!

超サイヤ人は『ドラゴンボールGT』のサイヤ人の最強形態であり、そして一方の超サイヤ人ブルーは『ドラゴンボール超』のサイヤ人の最強形態です。

果たして、本当に最強なのは、いったいどちらなのでしょうか・・・?

 

✨関連動画✨

【ドラゴンボール】ゴジータブルーの強さ・戦闘力を考察してみた

2018.10.12

 

超サイヤ人4・超サイヤ人ブルーの特徴

 

まずは、"超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーのそれぞれの特徴"について詳しく見ていきましょう!

 

超サイヤ人4の特徴

 

通常の超サイヤ人と違い、超サイヤ人4は"大猿の力"がベースとなっています。

そのため、超サイヤ人と大猿の両方の特徴を持っており、大猿状態の超パワーと超サイヤ人の超スピードを兼ね備えた、まさに最強の戦士です。

さらに、超サイヤ人の欠点も克服しており、特に超サイヤ人3の弱点である、エネルギーの激しい消耗&変身の持続時間の短さを解消しているため、超サイヤ人4は非常にバランスが良い形態とされています。

 

超サイヤ人4のメリット

 

  • パワーとスピードを兼ね備えている
  • エネルギーの消費が少ない
  • 変身の持続時間が長い
  • サイヤパワーの吸収で戦闘力アップが可能

 

超サイヤ人4の最大のメリットは"エネルギーの消費が少ない"ということ、さらに"変身の持続時間が長い"ということです。

超サイヤ人4のエネルギー消費がどれくらいなのかというのは詳しく分かりませんが、少なくとも"超サイヤ人3よりは燃費が悪い"ということですので、これは非常に大きなメリットになります。

さらに、超サイヤ人4は"サイヤパワー"で戦闘力を大幅に上昇させることができ、サイヤパワーを過剰に吸収することで"超フルパワーサイヤ人4"になることも可能です。

あくまでも"非公式"の戦闘力の数値ではありますが、通常の超サイヤ人4の戦闘力は"1600兆"なのに対し、超フルパワーサイヤ人4の戦闘力は"16京(MAX時)"とされています。

 

超サイヤ人4のデメリット

 

  • 理性を保つ必要がある
  • 通常の回復能力は効果が薄い

 

先程もお伝えしましたが、超サイヤ人4は"大猿の力"がベースになっています。

そのため、孫悟空曰く、超サイヤ人4は"ちょっとばかし理性がぶっ飛んじまう"とのこと。

たしかに、超サイヤ人4の孫悟空の言動を見てみると、非常に冷静&好戦的な性格になっており、一人称も"オラ"から"オレ"に変わっています。

しかし、終盤の一人称は"オラ"に戻っているため、超サイヤ人4の形態に慣れることで、理性を保ちやすくなるのかもしれません。

さらに、超サイヤ人4はデンデの回復や仙豆などの回復手段が非常に効果が薄く、先程の"サイヤパワー"で急速にエネルギーの回復を行うことができるのだそう。

 

超サイヤ人ブルー

 

こちらも通常の超サイヤ人と違い、超サイヤ人ブルーはサイヤ人が"神の領域"に到達した姿と言われています。

超サイヤ人ブルーの変身条件は"超サイヤ人ゴッド"の力を持っている状態で超サイヤ人に変身するということ。

超サイヤ人ブルーは破壊神・天使と同じく"神の気"を持っているため、神の領域に到達していない者は超サイヤ人ブルーの気を感じ取ることができません。

 

超サイヤ人ブルーのメリット

 

  • エネルギーの消費が少ない
  • 精神状態が安定している
  • 常に冷静に戦える
  • 気のバランスが安定している
  • 時間制限がない

 

超サイヤ人ブルーの最大のメリットは、とにかく"気のバランスが安定している"ということです。

そもそも、超サイヤ人ブルーの最大の特徴は"気のコントロールを極めた形態"と言われており、神の気を自在に操り、破壊神・天使級の超絶的なパワーを得ることができます。

さらに、通常の超サイヤ人と違い、非常に穏やかな心を持ち合わせているため、その時々の最善の攻撃・防御を繰り出すことができるというのも非常に大きなメリットです。

 

超サイヤ人ブルーのデメリット

 

  • 特になし?

 

超サイヤ人ブルーのデメリットを考えてみたのですが、現状は特にデメリットというものは存在しないのかもしれません。

超サイヤ人ブルーは超サイヤ人4と違い、仙豆で体力を瞬時に回復することができますし、非常に精神状態が安定しているため、常に知性を保つように意識しないといけないということもありません。

 

▲超サイヤ人ゴッドの覚醒の儀式

 

さらに、先程もお伝えしましたが、超サイヤ人ブルーは超サイヤ人ゴッドの力を持っている状態で超サイヤ人に変身するというのが非常に大きな鍵です。

しかし、ベジータは超サイヤ人ゴッドの力を持っていない状態で自力で超サイヤ人ブルーになることができましたので、必ずしも超サイヤ人ゴッドになるための儀式は必要ではないようです。

 

超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーはどっちが強い!?

 

以下では、"超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーはどっちが強いのか?"ということについて詳しく見ていきましょう!

先程もお伝えしましたが、超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーは全く違う種類の超サイヤ人の形態ですので、それぞれに非常に強力な特徴があります。

そのため、『超サイヤ人4が強い!』という意見もあれば、『超サイヤ人ブルーの方が絶対に強い!』という意見も出ており、まさに両者の評価は"五分五分"といったところ。

 

 

さらに、超サイヤ人4は"超フルパワーサイヤ人4"になることで戦闘力を大幅に上げることができ、一方の超サイヤ人ブルーも"界王拳20倍"を併用して、さらに戦闘力を大幅にアップさせることができます。

しかし、超サイヤ人ブルーの界王拳20倍は孫悟空の専売特許みたいなものですので、もしかすると、超フルパワーサイヤ人4と通常の超サイヤ人ブルーのベジータが戦った場合は、超フルパワーサイヤ人4の方が強いのかもしれません。

つまり、孫悟空の場合は超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーの強さは、おそらく"同等"ではないかと考えられます。

とはいえ、超サイヤ人4は超サイヤ人と大猿の力の両方を持っており、さらにサイヤパワーで大幅に戦闘力を上げることができますので、個人的には"超サイヤ人4の方が強いのでは?"と思ったり思わなかったり(笑)

 

関連記事

【ドラゴンボール】超サイヤ人ブルー(SSGSS)の強さ・戦闘力を徹底調査!

2018.01.04

 

【番外編】超サイヤ人4ゴジータとベジットブルーはどっちが強い!?

 

番外編として、"超サイヤ人4ゴジータとベジットブルーのどっちが強いのか?"ということについても詳しく見ていきましょう。

超サイヤ人4ゴジータといえば、ドラゴンボールシリーズの全キャラクターの中で最強の戦士であり、一方のベジットブルーもドラゴンボールシリーズの全キャラクターの中で最強の戦士と言われています。

どちらも非常に強大な力を持っている戦士というのは間違いないのですが、両者ともに"制限時間"という非常に大きなハンデを持っています。

例えば、ポタラは神でない者同士の合体は"1時間"という制限がありますが、超サイヤ人ブルーの力にポタラが耐えられず、たった数分でベジットブルーの合体は解けてしまいます。

さらに、フュージョンの合体時間も基本的に"30分程度"とされていますが、こちらも超サイヤ人4ゴジータの場合はたった数分で合体が解けてしまいます。

 

 

そのため、超サイヤ人4ゴジータとベジットブルーが戦った場合、おそらく勝敗が決まる前に両者の合体が解けてしまうということが考えられそうです。

個人的には、超サイヤ人4ゴジータの方が強いのではないかと考えているのですが、ベジットブルーも非常に強力ですし、この答えは一生出そうにもありません(笑)

 

関連記事

【ドラゴンボール】ベジットブルーの強さ&戦闘力を徹底解説

2017.12.31

【ドラゴンボール】ポタラとフュージョンはどっちが強い!?

2017.12.26

 

まとめ

 

このページでは、"超サイヤ人4と超サイヤ人ブルーはどっちが強いのか?"ということについて詳しくご紹介しました!

以下の"関連記事"も参考になると思いますので、そちらも併せて、ご覧になってみてくださいね!

 

✨関連動画✨

【ドラゴンボール】ゴジータブルーの強さ・戦闘力を考察してみた

2018.10.12