【保存版】平成仮面ライダーの歴代俳優をまとめてみた

 

こんにちは!リスキー(@RYSKKY)です!

このページでは、"平成の歴代仮面ライダーのイケメン俳優"について詳しくご紹介しています!

今現在、大ブレイク中のイケメン俳優が『実は仮面ライダー出身だった!』という驚きもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

最新作『仮面ライダージオウ』を見逃した方は仮面ライダージオウのフル動画を無料で見る方法【見逃した人必見】も併せて、ご覧ください。

 

関連記事

仮面ライダージオウのフル動画を無料で見る方法【見逃した人必見】

2018.09.02

 

平成の歴代仮面ライダーのイケメン俳優一覧

 

仮面ライダークウガ(2000年)

 

『仮面ライダークウガ』で主人公の"五代雄介役"を演じたのが、実力派イケメン俳優の"オダギリジョー"さんです。

実はオダギリジョーさんは"大の特撮嫌い"と言われており、過去のインタビューで『怪人とか変身とかヒーローとか、本当に気持ち悪いです』と発言しているのだそう。

そもそも、オダギリジョーさんは"リアルな芝居がやりたくて俳優になった"と発言されており、そのため"特撮はやりたくない"という強い意志があったのだそう。

しかし、そんなオダギリジョーさんが仮面ライダークウガの主演に決まった理由とは、いったい何なのでしょうか?

 

 

そもそも、オダギリジョーさんは自分の意志で仮面ライダークウガのオーディションを受けたのではなく、"東映の関係者"にオーディションの参加を懇願されて、嫌々ながら会場に向かったのだそう。

しかし、その時のオダギリジョーさんの"力の抜けた感じ"が逆に評価されて、見事に仮面ライダークウガの主演に抜擢されたそうです。

経緯はどうあれ、仮面ライダークウガはオダギリジョーさんの"初主演"になったわけですから、オダギリジョーさん自身も仮面ライダークウガとの出会いは非常に感謝されているようです。

実際に2015年のラジオ『クウガSP』に出演もされていますので、今も仮面ライダークウガを愛しているということが分かります。

 

 

そして、仮面ライダークウガといえば、刑事の"一条薫"の存在も忘れてはいけません。

一条薫は五代雄介の"相棒"のような関係であり、一条薫役は"葛山信吾"さんが演じられていました。

 

◆関連記事◆

【保存版】仮面ライダークウガの6つの魅力

2018.06.14

 

仮面ライダーアギト(2001年)

 

『仮面ライダーアギト』で主人公の"津上翔一役"を演じたのが、俳優の"賀集利樹"さんです。

賀集利樹さんといえば、まさに仮面ライダーアギトで俳優デビューを果たしており、それによって俳優としての知名度を上げましたよね。

さらに、賀集利樹さんは2009年の劇場版仮面ライダーシリーズで"8年ぶり"に津上翔一役を演じており、数多くの仮面ライダーファンに衝撃を与えました。

 

▲要潤(仮面ライダーG3役)

▲友井雄亮(仮面ライダーギルス役)

▲菊池隆則(アナザーアギト役)

 

そして、仮面ライダーアギトといえば、仮面ライダーG3に変身する氷川誠役を演じた"要潤"さん、仮面ライダーギルスに変身する葦原涼役を演じた"友井雄亮"さんも忘れてはいけません。

さらに、仮面ライダーアギトは"アナザーアギト"の存在もあり、こちらは俳優の"菊池隆則"さんが演じています。

今後、仮面ライダーアギトを見ようと思っている方は、以下の"関連記事"も併せて、ご覧になってみてください。

 

◆関連記事◆

【保存版】仮面ライダーアギトの5つの魅力

2018.05.26

 

仮面ライダー龍騎(2002年)

 

『仮面ライダー龍騎』で主人公の"城戸真司役"を演じたのが、イケメン俳優の"須賀貴匡"さんです。

仮面ライダー龍騎といえば、"13人の仮面ライダー"が登場するということで、その当時のちびっ子に非常に大きな衝撃を与えました。

さらに、仮面ライダー龍騎の企画当初は"総勢50人の仮面ライダーを登場させる"といった案もあったというのですから驚きです。

 

▲松田悟志(仮面ライダーナイト役)

▲涼平(仮面ライダーゾルダ役)

▲萩野崇(仮面ライダー王蛇役)

▲木村剛(仮面ライダーシザース役)

▲高野八誠(仮面ライダーライア役)

▲一條俊(仮面ライダーガイ役)

▲高槻純(仮面ライダータイガ役)

▲日向崇(仮面ライダーインペラー役)

▲黒田アーサー(仮面ライダーベルデ役)

▲菊地謙三郎(仮面ライダーオーディン役)

▲加藤夏希(仮面ライダーファム役)

▲???(仮面ライダーリュウガ役)

 

"仮面ライダーリュウガ役"の詳細はネタバレになってしまうため、今回はご紹介するのを控えました。

 

▲カメンライダードラゴンナイト

 

さらに、仮面ライダー龍騎は2009年に"アメリカ版の作品"も制作されており、こちらは仮面ライダー龍騎とストーリーが大きく異なるため、また違う仮面ライダー龍騎の世界を楽しむことができます。

 

◆関連記事◆

【保存版】仮面ライダー龍騎の7つの魅力

2018.05.27

 

仮面ライダー555(2003年)

 

『仮面ライダー555』で主人公の"乾巧役"を演じたのが、イケメン俳優の"半田健人"さんです。

半田健人さんといえば、2017年に仮面ライダー555のテーマ曲である『Justiφ’s』をカバーして、非常に大きな話題となりました。

そして、仮面ライダー555といえば、こちらは仮面ライダー役ではありませんが、あの超人気イケメン俳優が出演していたことで有名ですよね。

 

▲綾野剛(スパイダーオルフェノク役)

 

今や数多くのドラマや映画の主演を務めている"綾野剛"さんですが、実は仮面ライダー555の"スパイダーオルフェノク"という怪人役で俳優デビューをされているんです。

仮面ライダーの主演によって、大人気俳優に成長する方は多いですが、怪人役で大ブレイクを果たすイケメン俳優は非常に珍しいです。

 

▲村上幸平(仮面ライダーカイザ役)

▲原田篤(仮面ライダーデルタ役)

▲ピーター・ホー(仮面ライダーサイガ役)

▲泉政行(仮面ライダーオーガ役)

 

仮面ライダー555は劇場版を含めると"5人仮面ライダー"が登場するのですが、特に仮面ライダーカイザ役の"村上幸平"さんは、その当時の役柄が非常に印象的でした。

さらに・・・

 

▲藤田玲(ドラゴンオルフェノク役)

 

仮面ライダー555のドラゴンオルフェノク役を演じた"藤田玲"さんといえば、同じく特撮の『牙狼』"涼邑零/絶狼役"を演じているのは有名です。

先程の綾野剛さんと同じく、仮面ライダーの怪人役で超人気俳優に成長するというのは非常に珍しいですね。

今後、仮面ライダーファイズを見ようと思っている方は、以下の"関連記事"も併せて、ご覧になってみてください。

 

◆関連記事◆

【保存版】仮面ライダー555(ファイズ)の5つの魅力

2018.05.23

 

仮面ライダーシリーズを見るなら『Hulu』がおすすめ!

 

Huluでは、これまでに放送された仮面ライダーのテレビシリーズはもちろんのこと、過去に公開された仮面ライダーの劇場版シリーズも一挙配信中です。

『あの作品を見てみたい!』『あの作品をもう一度見たい!』という時に非常に便利ですので、この機会にHuluをご利用になってみてはいかがでしょうか。

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

 

次のページは『仮面ライダー剣』以降のイケメン俳優を紹介!