【2018年】ドラゴンボール超の新作映画の鍵は『ヤモシ』!?

 

2018年12月に公開予定の『ドラゴンボール超』の新作映画。

既にインターネット上では、『今作の鍵は"ヤモシ"が握っている!』と噂になっているのだそう。

ということで、今回は"ヤモシ"というキャラクターについて詳しく見ていきましょう!

 

『ドラゴンボール超』の新作映画が2018年に公開!

 

今作は劇場版『ドラゴンボール』の第20作目であり、『ドラゴンボール超』の第3作目の劇場版作品となります。

前作の『復活のF』に引き続き、今作も『ドラゴンボール』の原作者の"鳥山明氏"が原作・脚本・キャラクターデザインを担当するということで、世界中のドラゴンボールファンが胸を躍らせていることでしょう。

今作のドラゴンボール映画は"劇場版20作記念企画"ということで、非常に大きなプロジェクトが始動しているようです。

ニュースサイトの情報によると、今作のドラゴンボール映画は"シリーズ最高のスケール&クオリティを目指す"と言われているようで、まさにドラゴンボール映画の歴史に名を刻む作品となりそうです。

 

新作映画の内容とは?

 

やはり、全てのドラゴンボールファンが最も気になっているのは、今作の映画の"内容"ですよね。

どうやら、今作は"サイヤ人"がメインテーマになっているようです。

孫悟空を始め、ベジータ、孫悟飯、孫悟天、トランクスなど。

ドラゴンボールシリーズの主要キャラクターは"サイヤ人の血"が流れており、まさに『ドラゴンボール』を語る上で"サイヤ人"は絶対に欠かすことができない超重要ポイントです。

 

▲超サイヤ人ゴッド

 

何故、サイヤ人は成長し続けるのか、何故、神の領域に達するほどの戦闘力を手に入れることができるのか。

そういった、世界中のドラゴンボールファンの謎が解き明かされる作品になっているのかもしれません。

 

サイヤ人の原点

 

先程もお伝えしましたが、今作のドラゴンボール映画のメインテーマは"サイヤ人の強さの原点"と言われています。

そして、サイヤ人の原点を語る上で絶対に欠かせないのが、この記事のメインテーマの"ヤモシ"というキャラクターです。

そもそも、あなたは超サイヤ人に初めて覚醒したのは"孫悟空"だと思っていませんか?

もしくは、あなたがドラゴンボールに詳しいという場合は、超サイヤ人に初めて覚醒したのは孫悟空の父の"バーダック"であると思っているかもしれませんね。

しかし、実は超サイヤ人に初めて覚醒したのは"ヤモシ"というサイヤ人と言われているんです。

 

▲鳥山明氏のコメント

 

こちらは原作者の鳥山明氏のコメントです。

なんと、『ドラゴンボールZ』のフリーザ編でフリーザが恐れていた"伝説の超サイヤ人"と『ドラゴンボール超』の破壊神ビルス編でビルスが求めていた"超サイヤ人ゴッド"というのは、"ヤモシ"というサイヤ人が同一人物なのだそう。

さらに、鳥山明氏は"かなり昔の話"と答えていることから、"サイヤ人の原点=ヤモシ"という認識が非常に強くなっているようです。

そして、今作のドラゴンボールの新作映画のメインテーマは、まさに"サイヤ人の強さの原点"ですから、『ヤモシが物語の鍵を握っているのでは?』といった意見が非常に多く出ているみたいですね。

さらに、今作のドラゴンボールの新作映画の原作と脚本は"鳥山明氏"が担当しているということで、先程の鳥山明氏の発言と何かしらの関係性があるのではないかと言われています。

 

ヤモシは敵?それとも味方?

 

先程の鳥山明氏の発言を見てみると、『サイヤ人でありながら"正しい心"を持ち、仲間5人と共に反旗を翻した』と書かれているのが分かります。

つまり、ヤモシは孫悟空達と同じく"正しい心を持ったサイヤ人である"ということが分かりますね。

そして、ヤモシは戦闘員に追い詰められ、そこで初めて"超サイヤ人"に覚醒します。

しかし、ヤモシは多勢に無勢で力尽きてしまうそうですが、これこそが"伝説の始まりである"とも書かれています。

 

▲超サイヤ人ゴッドの誕生

 

『ドラゴンボール超』の破壊神ビルス編で、超サイヤ人ゴッドになるためには、"正しい心を持った6人のサイヤ人が集まり、5人のサイヤ人が1人のサイヤ人にエネルギーを注ぎ込むことで覚醒することができる"と明らかになりました。

そして、先程の鳥山明氏の発言を改めて見てみると、ヤモシの魂は死後も"正しい心を持つ6人のサイヤ人"を探しているようです。

果たして、これが2018年の新作映画に関係しているのかは分かりませんが、どちらにしても、サイヤ人の強さの原点とヤモシは非常に深い関係があるということが分かるはず。

 

そして、ヤモシが孫悟空達の敵なのか、それとも味方なのかという疑問ですが、これは"どちらの場合も考えられる"ということになりそうです。

実際に破壊神ビルスと孫悟空は敵同士でしたが、今は"ほとんど仲間になった"といっても過言ではないほど、お互いに信頼関係を築いています。

さらに、かつての強敵であり、フリーザ復活編で敵同士だった孫悟空とフリーザも"力の大会"で仲間同士になっていますよね。

果たして、ヤモシは孫悟空達の敵なのか、味方なのか。

もし、ヤモシが新作映画に登場するとなったら、その点も注目ですね!

 

ヤモシと孫悟空の関係は?

 

先程の鳥山明氏の発言によって、ヤモシが生きていた時代はサイヤ人の星が"惑星ベジータ"ですらなかった頃というのが分かりました。

ちなみに、ドラゴンボールの"年表"を見てみると、エイジ550年頃、原始のサイヤ人は謎の宇宙船で"惑星プラント"に漂着し、わずか数百年でサイヤ人の進化を遂げていったそうです。

 

▲Wikipedia

 

もしかすると、ヤモシは"原始のサイヤ人"であり、孫悟空やベジータの始祖に当たるのかもしれませんね。

そうすると、本当にヤモシが2018年の新作映画に出てくるという場合、サイヤ人の始祖と現代の最強のサイヤ人・孫悟空の"共闘"、もしくは"激戦"を見ることができるのかもしれません。

もちろん、あくまでもインターネット上の噂の範疇を超えていませんが、これが現実のものになったとしたら、まさにこれまでの劇場版ドラゴンボールシリーズでトップクラスの熱い展開になりそうです。

 

まとめ

 

このページでは、2018年のドラゴンボールの新作映画の鍵を握ると言われている"ヤモシ"というキャラクターについて詳しくご紹介しました。

今後も新作映画の詳細が発表されると思いますので、気になる方は常にチェックを忘れずに!

 

関連記事

【ドラゴンボール】アルティメット悟飯の強さ・戦闘力を徹底検証!

2017.12.17