【保存版】U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリットまとめ

 

こんにちは!リスキー(@RYSKKY)です!

今回は"U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット"について、詳しくまとめてみました。

 

U-NEXTのメリット

 

◆国内最大級の動画配信サービス

U-NEXTでは、"12万本以上"のコンテンツを取り扱っており、この数字は"業界トップクラスのラインナップ"となっています。

 

各VODのコンテンツ数

U-NEXT:12万本以上

Hulu:5万本以上

dTV:12万本以上

Amazonプライム・ビデオ:3万5000以上

Netflix:非公開

 

U-NEXTは1つのジャンルに特化しているのではなく、洋画、邦画、海外ドラマ、韓国ドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽番組、バラエティ番組など、全体的なバリエーションが豊富というのも魅力の1つです。

しかし、"12万本以上の全てのコンテンツが見放題"という訳ではありませんので、その点は注意が必要です。(詳細後述)

 

◆雑誌読み放題

U-NEXTは"雑誌"も取り扱っており、70種類以上の雑誌が"全て読み放題"となっています。

 

 

特にU-NEXTでは、女性向けのファッション誌やライフスタイル誌を数多く取り扱っているため、普段から雑誌を頻繁に読むという方は雑誌の読み放題だけで月額料金の元が取れてしまいます。

 

 

もちろん、男性向けのファッション誌やライフスタイル誌、週刊誌、ビジネス雑誌も取り扱っていますが、女性向けの雑誌と比べると、種類は多くありません。

 

◆アダルトコンテンツが豊富

U-NEXTは"アダルトコンテンツ"も取り扱っており、"5000本以上の作品"が見放題となっています。

当然、無料のアダルトサイトと違い、過度な広告に悩まされたり、低画質に悩まされるということもありませんので、特に男性に嬉しいメリットですね。

 

◆毎月1200円分のポイントが貰える

U-NEXTは毎月1日に"1200円分のポイント"が無料でチャージされます。

ポイントは"追加課金のコンテンツ"に利用でき、多くの方は新作の映画や新作のドラマの視聴にポイントを使用しているようです。

その他にも、コミックや書籍を楽しんだり、映画館で使用できる割引チケットに交換することもできます。

ちなみに、有料作品の映画やドラマは"1本300円~500円"となっていますので、"毎月2本~3本"の最新作のコンテンツを無料で楽しむことができます。

 

◆最初の31日間は無料で見放題

U-NEXTでは、"無料のお試し期間"を実施しており、最初の"31日間"は無料でサービスを利用できます。

さらに、"600円分のポイント"がプレゼントされますので、そのポイントを使って、最新作のコンテンツを"無料"で楽しむこともできます。

もちろん、無料期間中に解約すれば、一切お金は掛かりませんので、U-NEXTの契約を考えている方は、まずは"無料のお試し期間"から始めてみてはいかがでしょうか。

 

◆韓国ドラマが豊富

U-NEXTは"韓国ドラマ"の配信数が業界トップクラスと言われており、特に韓国ドラマの視聴が目的で動画配信サービスを利用しようと考えている方はU-NEXTが非常におすすめです。

U-NEXTは韓国ドラマのラインナップが豊富なだけでなく、最新作の配信も非常に早いです。

さらに、韓国ドラマだけでなく、"韓国のバラエティ番組"のラインナップも非常に豊富ですので、韓国ドラマが好きな方、K-POPが好きな方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

◆NHKの作品が豊富

U-NEXTでは、2016年に"NHKオンデマンド作品"の配信を始めたことから、NHKのコンテンツが急速に拡充されています。

連続テレビ小説、大河ドラマを始め、ドキュメンタリー番組、情報バラエティ番組など、NHKの人気コンテンツが見放題となっています。

しかし、NHKのコンテンツを視聴するためには、月額972円(税込)の『NHK見逃し見放題パック』『NHKの特選見放題パック』を購入する必要があります。

ちなみに、これらは毎月1日に貰える1200円分のポイントでも購入できますので、実質無料でNHKのコンテンツが楽しめます。

 

◆最新作を確実に視聴できる

U-NEXTは"最新作のコンテンツをいち早く配信している"というのも非常に大きなメリットです。

通常のレンタルビデオショップの場合、最新作の映画やドラマは既に他の人に借りられているなど、自分が見たい時に直ぐに見ることができないという不満がありましたよね。

しかし、U-NEXTを始め、動画配信サービスは"ストリーミング配信"のため、自分が見たい作品を自分が見たい時に確実に視聴できるというメリットがあります。

ですが、U-NEXTの場合、最新作のコンテンツのほとんどは"有料作品"となっていますので、追加料金を支払わなければ視聴できないケースが多いです。

 

◆配信頻度が高い

U-NEXTでは、"毎月2000本以上"の新しいコンテンツが配信されていると言われています。

この数字は動画配信サービス業界の中でもトップクラスですが、見放題作品が毎月2000本以上配信されているという訳ではありませんので、その点は注意してください。

 

◆最大4つの子アカウントを取得できる

U-NEXTでは、"1つのアカウント"に対して、"最大4つの子アカウント"を作ることができます。

さらに、U-NEXTは複数の機器での同時視聴に対応しているため、お母さんはテレビで韓国ドラマを見ながら、お父さんはスマホで海外ドラマを見たり、子供はタブレットでアニメを見るということができてしまいます。

ちなみに、子アカウントは"ペアレンタルロック"を設定できますので、小さな子供が年齢制限付きの映画を見たり、アダルトコンテンツを見てしまうという心配はありません。

さらに、家族に自分の視聴履歴が見られるという心配もありませんので、家族それぞれが自分の見たい作品を楽しむこともできます。

そもそも、U-NEXTの料金体系は"月額1990円(税抜)"となっていますので、"実質1人500円"でサービスを利用できます。

 

◆ダウンロード機能がある

U-NEXTでは、"ダウンロード機能(オフライン再生)"が用意されています。

ダウンロード機能とは、事前にスマホやタブレットにコンテンツをダウンロードしておくことで、外出先でも通信速度や通信量を一切気にすることなく、快適に作品を楽しめるというものです。

しかし、コンテンツの中には、"ダウンロード不可の作品"もありますので、その点は注意が必要です。

 

◆高画質&高音質

U-NEXTは"ブルーレイと同じくらい高画質"と言われている"1080p"に対応しており、中には、さらに高画質で楽しめる"4K対応"のコンテンツも増えています。

さらに、"実際に映画館で使用されているものと同等のサラウンドシステム"を採用しているため、迫力と臨場感のあるサウンドで作品を楽しむことができます。

 

◆対応機器が豊富

U-NEXTはテレビ、パソコン、スマホ、タブレット、ブルーレイレコーダーを始め、その他にも、"プレイステーション4"などのゲーム機での視聴にも対応しています。

U-NEXTのデメリット

 

◆全コンテンツが見放題ではない

U-NEXTの最大のデメリットは"全てのコンテンツが完全に見放題ではない"ということです。

先程もお伝えしましたが、U-NEXTは12万本以上のコンテンツを取り揃えており、この数字は業界トップクラスのバリエーションとなっています。

もちろん、見放題作品も数多く取り扱っているのですが、それと同時に"有料作品"も非常に多く取り揃えています。

特に最新作の映画やドラマのほとんどは有料作品となっていますので、最新のコンテンツを無料で楽しみたいという方には、U-NEXTはあまりおすすめできません。

 

各VODの見放題作品の数

U-NEXT:8万本以上

Hulu:5万本以上

dTV:5000本以上

Amazonプライム・ビデオ:3万5000本以上

Netflix:非公開

 

とはいえ、『アマゾンプライムビデオ』の見放題作品は"3万5000本以上"であり、『Hulu』の見放題作品は"5万本以上"ですので、実はU-NEXTの方が見放題作品のコンテンツ数は多いです。

しかし、海外ドラマや国内ドラマ、アニメなどのジャンルは、配信中のコンテンツの"40%~60%"が有料作品となっています。

ですので、既に自分が見たい作品や興味がある作品が決まっているという方は、事前にそれらのコンテンツがU-NEXTで見放題作品に該当しているのかということをしっかりとチェックしておきましょう。

 

 

その他にも、U-NEXTでは、『見放題の作品だと思って1話を見たら、2話以降は有料作品だった』といったトラブルも多発しているようです。

もちろん、事前に『最初から最後まで全て無料で見れるのか』ということをしっかりと調べておけば、こういったトラブルは起こりません。

しかし、最近は『Hulu』や『Netflix』を始め、月額料金のみで完全見放題の動画配信サービスも増えています。

『追加料金なしで完全に見放題の動画配信サービスが良い!』という方は、U-NEXTではなく、『Hulu』や『Netflix』をおすすめします。

 

関連記事

【保存版】Hulu(フールー)のメリット・デメリットまとめ

2018.07.02

 

◆見放題作品が全体的に古い

先程もお伝えしましたが、U-NEXTは最新作の映画やドラマのほとんどが有料作品になっているため、"見放題作品が全体的に古い"というデメリットもあります。

とはいえ、これはU-NEXTに限らず、動画配信サービスのほとんどは最新作のコンテンツのバリエーションが少ない傾向にあるため、最新作の映画やドラマをガンガン見たいという方は追加料金を払って視聴するという形になります。

しかし、レンタルビデオショップと違い、最新作のコンテンツを自宅で好きな時に見ることができるだけでなく、借りに行く手間や返しに行く手間がありませんので、その点は非常に便利です。

 

◆月額1990円(税抜)

先程もお伝えしましたが、U-NEXTの料金体系は"月額1990円(税抜)"となっています。

最近は"月々1000円以下"の動画配信サービスが当たり前になっているため、U-NEXTは業界の中でも高額な部類になります。

 

各VODの料金体系

U-NEXT:月額1990円

Hulu:月額933円

dTV:月額500円

Amazonプライム・ビデオ:月額370円

Netflix:月額650円/950円/1450円

 

◆オリジナルコンテンツが少ない

その他の動画配信サービスと比べて、U-NEXTは"オリジナルコンテンツ"が非常に少ないというデメリットもあります。

例えば、Huluは非常に高品質なオリジナルドラマを配信していたり、アマゾンプライムビデオは松本人志考案の人気バラエティ番組『ドキュメンタル』を配信しているなど、各動画配信サービスは他社との差別化を図るために、それぞれが独自のオリジナルコンテンツを配信するというのが当たり前になっています。

もちろん、今度、U-NEXTもオリジナルコンテンツの配信に力を入れる可能性もありますので、その点は期待です。

 

◆iOS版の有料作品は注意が必要

U-NEXTでは、毎月1日に"1200円分のポイント"が無料でチャージされるため、そのポイントを使って最新作のコンテンツを楽しむ方は非常に多いです。

しかし、"iOS版"はポイントを使えないというデメリットがあり、別に"Uコイン"というポイントを購入する必要があります。

もちろん、PC版でポイントを使ってコンテンツを購入し、同じアカウントでiOS版を利用すれば、無料のポイントでコンテンツを楽しむことができます。

しかし、パソコンを持っていない方、iOS版のみでU-NEXTを利用しようと考えている方は注意しましょう。

 

◆退会処理が面倒くさい

U-NEXTは"退会処理が面倒くさい"と言われており、実際に『退会したはずなのにログインできる』『退会したはずなのに料金が発生している』といったトラブルに悩んでいる方は多いようです。

 

◆海外作品が少ない

U-NEXTは国内の作品は非常にバリエーションが豊富なのですが、海外の作品は他の動画配信サービスの方がラインナップが良い傾向にあります。

主に海外ドラマや洋画をメインに楽しみたいと思っている方は、比較的海外の作品に強い『Hulu』や『Netflix』の方がおすすめです。

 

◆同じ作品の同時視聴は不可

先程もお伝えしましたが、U-NEXTは1つのアカウントで最大4つの子アカウントを作ることができ、別の作品であれば"同時視聴"が可能です。

しかし、U-NEXTでは、"同じ作品の同時視聴は不可"となっているため、家族や同じ作品を別々の機器で楽しもうと思っている方は注意が必要です。

まとめ

 

今回は"U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット"について、詳しくまとめてみました。

宜しければ、以下の"関連記事"も併せて、ご覧ください。

 

◆関連記事◆

【保存版】Hulu(フールー)のメリット・デメリットまとめ

2018.07.02