舌足らずの原因と治し方

 

このページでは、"舌足らずの原因と治し方"について詳しく見ていきましょう。

今現在、舌足らずで悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

舌足らずの原因

 

1.舌の筋肉の衰え

 

あなたは日々の生活の中で"舌の筋肉"を鍛えているでしょうか?

中には、『舌の筋肉なんて考えたこともなかった!』という方も多いかもしれませんね。

例えば、お腹の筋肉が弱ってきたり、二の腕の筋肉が弱ってくると、その部位の筋肉が重力に負けて、"だら~ん"と垂れ下がってしまいますよね。

それと同じく、舌の筋肉が弱ってしまうと、それによって"舌の動き"が悪くなってしまいます。

舌の動きが悪いということは、"滑舌"に非常に大きな悪影響を与えますので、それが原因で舌足らずになってしまう人は多いと言われています。

 

舌の筋肉が衰える原因は?
  • 咀嚼回数が少ない
  • 会話が少ない

 

あなたは食事の際に"咀嚼"をしっかりと行っているでしょうか?

私たちの舌は咀嚼の際に非常に"複雑な動き"をしており、それによって咀嚼を助ける働きを担っています。

つまり、噛むという行為は、ある意味"舌の筋トレ"になっており、日々の生活の中で咀嚼回数が少ないということは、それだけ舌の筋肉をしっかり動かしていないということです。

さらに、私たちの舌は"会話"の際にも、非常に複雑な動きをしており、それによって様々な音を出すことができます。

現代人は人と会話でコミュニケーションを取るよりも、スマホ・パソコン・SNSで連絡を取ることが増えていますので、もしかすると、現代人に舌足らずが多い理由は、まさに会話の量が少ないということなのかもしれません。

 

舌の筋肉が衰えると?
  • 滑舌が悪くなる
  • ほうれい線ができやすい
  • 二重あごになりやすい
  • 顔周りの血行不良
  • 口呼吸になる
  • 風邪を引きやすくなる
  • 免疫力が下がる
  • 口臭が出やすくなる
  • 歯が黄ばみやすい

 

さらに、舌の筋肉が衰えてしまうと、それによって様々な"悪影響"を引き起こしてしまいます。

例えば、舌の筋肉の衰えは"口呼吸"を招いてしまい、口呼吸は"口臭"を強くしたり、"虫歯"になりやすくなるなど、その他にも非常に数多くのデメリットがあります。

そして、舌の筋肉は"美容"にも非常に大きな影響を与えていますので、舌の筋肉が衰えることで"ほうれい線""二重あご"などの老化の原因にもなってしまいます。

 

2.低位舌

 

舌足らずの原因として、元々舌の位置が下がっている"低位舌"という可能性も十分に考えられます。

そもそも、あなたは"舌の正しい位置"というのをしっかりと理解しているでしょうか?

中には、『舌の位置を考え始めると、気になって夜も眠れなくなる!』という方も多いかもしれませんが、実は舌の正しい位置というのは"上あごに舌がぴったりとくっついている状態"なんです。

つまり、舌が上あごにぴったりとくっついていないという場合は、あなたの舌は"低位舌"になっており、それによって舌足らずを引き起こしているのかもしれません。

 

低位舌のデメリット
  • 滑舌が悪くなる
  • 二重あごになりやすくなる
  • 睡眠時無呼吸症候群になりやすくなる

 

先程の『舌の筋肉の衰え』と同じように、こちらの"低位舌"も非常に数多くのデメリットがあります。

例えば、舌が下がることで"二重あご"を招いてしまったり、寝ている時に"睡眠時無呼吸症候群"を引き起こしてしまうことも。

 

3.舌の緊張

 

あなたは"舌も緊張する"ということをご存知でしたか?

先程もお伝えしましたが、舌は"筋肉の塊"のようなものであり、それによって非常に複雑な動きができるようになっています。

しかし、舌が緊張してしまうと、それによって舌の動きが悪くなってしまい、舌の動きが悪くなると"滑舌の悪さ"に直接的に影響してしまいます。

 

舌足らずの治し方

 

1.舌のトレーニング

 

先程もお伝えしましたが、舌足らずは"舌の筋肉の衰え"が原因で起こりやすくなってしまいますので、まずは"舌の筋肉のトレーニング"を始めましょう。

しかし、中には・・・

 

A太郎

舌の筋肉って、どうやって鍛えるの?

 

このように、『舌の筋肉のトレーニング方法が分からない!』と疑問に思う方も多いと思います。

ということで、以下では"超簡単な舌の筋肉のトレーニング方法"についてご紹介します。

 

舌の筋肉のトレーニング方法①

 

舌を"前・左右・上下"に突き出すことで、舌全体の筋肉をバランス良く鍛えることができます。

最初は舌に痛みを感じたり、上手く突き出すことができないかもしれませんが、日々の生活の中で継続的に行うことによって、次第に舌の筋肉が強くなってきます。

 

舌の筋肉のトレーニング方法②

 

より効率的に舌の筋肉を鍛えたい場合は、こちらの"舌回し"というトレーニング方法が非常に効果的です。

その名の通り、舌回しは"舌を大きく回す運動"ですので、非常に簡単に舌全体の筋肉をバランス良く鍛えることができます。

さらに、舌回しは"小顔効果"が期待できるため、中には『舌回しを3日間続けたら別人級に小顔になった!』という方も多いのだそう。

舌回しも最初は舌に痛みを感じたり、あご周りに疲労感を感じるかもしれませんが、こちらも続けていくことで痛みがなくなります。

 

2.ガムを噛む

 

先程もお伝えしましたが、舌足らずは"咀嚼回数が少ない"ということによっても起こってしまいますので、日々の生活の中で積極的に"噛む"という行為を行うように心がけましょう。

当然、食事の際に咀嚼をしっかり行うということも大切ですが、"ガムを噛む"というのも非常に効果的です。

そして、ガムを噛む時は舌全体の筋肉をバランス良く鍛えるためにも、左右のどちらかに偏らないように均等に噛むように意識しましょう。

 

 

そもそも、あなたは日々の生活の中で"柔らかい食べ物"ばかりを食べていませんか?

例えば、ファーストフードは基本的に噛む力を必要としない食べ物が多く、そして"麺類"は顎の力をほとんど使わずに食べることができてしまいます。

毎日の食生活の中で柔らかい食べ物ばかりを食べているという方は、積極的に"硬い食べ物"を食べるようにしましょう。

 

硬い食べ物とは?
  • するめ
  • 生野菜
  • おせんべい
  • フランスパン

 

しかし、人によっては硬いものを食べない方が良い場合もありますので、特にご年配の方や口のトラブルがある方は、事前にしっかりと相談してから実践しましょう。

 

3.リラックスする

 

先程もお伝えしましたが、舌足らずは"舌の緊張"が原因で起こってしまう場合もあります。

ですので、この場合は、まずは"舌をリラックスさせる"ということが非常に重要なポイントになります。

そもそも、舌の緊張だけでなく、肩の緊張や首の緊張によっても"滑舌が悪くなる"ということをご存知でしたか?

特に現代は"ストレス社会"と言われていますし、現代人の多くの方が常に"緊張状態"になっていると言われています。

そのため、あなたの舌足らずの原因は、もしかすると"舌の緊張"ではなく、その他の部位の緊張によって起こっているのかもしれません。

 

 

より効率的に全身の緊張をほぐすためには、あなたの"ライフスタイル"の見直しが必要になります。

例えば、日々の生活の中で"スマホ・パソコン"を長時間使用することが多いという方は、まずは"肩周り・首周り・目の周り"の筋肉の緊張をほぐす必要があります。

特に"ストレス"は全身の緊張に非常に大きく関わっていますので、今現在『ストレスを溜め込んでいる!』という方は、まずはストレスを解消することを最優先に考えましょう。

 

 

特に『仕事に行きたくない』『会社に行きたくない』といった悩みは、あなたの心身に非常に大きなストレスを与える原因になります。

今現在、仕事の不満やストレスを抱えているという方は、以下の"関連記事"も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

仕事に行きたくない時の4つの対処法

2017.12.07

会社に行きたくない病の5つの治し方

2017.12.06

 

まとめ

 

このページでは、"舌足らずの原因と治し方"について詳しくご紹介しました。

しかし、最近は"舌足らずの女性は可愛い"と言われており、女優の"吉高由里子"さんを始め、舌足らずの女性が男性に人気と言われているようです。

今は『舌足らずを治したい』と思っているかもしれませんが、実はそれがあなたのチャームポイントになることもあります。

 

関連記事

滑舌が悪い原因と改善方法

2017.12.09

しゃくれの原因と治し方

2017.12.08