仕事に行きたくない時の4つの対処法

 

このページでは、"仕事に行きたくない時の4つの対処法"について詳しくまとめています。

今現在、『仕事に行きたくない!』と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

仕事に行きたくない時の4つの対処法

 

A太郎

仕事に行きたくない!!!

 

あなたもA太郎くんと同じように、日々の生活の中で『仕事に行きたくない!』と思ってしまう瞬間はありませんか?

そもそも、仕事はあなたが生きていく上で絶対に欠かせないものであり、国民の三大義務の中にも"勤労"という2文字がくっきりと刻まれています。

 

勤労とは?

心身を労して仕事に励むこと。

 

我が国、日本は"心身を労して仕事に励むこと"を国民の三大義務にしているのですから、今現在、『仕事に行きたくない!』と思っている人からしたら、これほど辛いことはありませんよね。

さらに、仕事は毎月課せられるノルマや職場の人間関係など、とにかく"ストレス"の原因になりますので、『仕事に行きたくない!』と思ってしまうのも無理はありません。

ということで、今回は"仕事に行きたくない時の4つの対処法"について詳しくご紹介したいと思います。

 

1.仕事に行きたくない理由を紙に書き出す

 

『仕事に行きたくない!』と思った時は、まずはあなたが仕事に行きたくない理由を"紙に書き出す"ということを始めてみましょう。

そもそも、あなたは"自分が仕事に行きたくない本当の理由"をしっかり理解しているでしょうか?

中には、漠然と『仕事に行きたくない!』と思っているだけで、いざ仕事に行ってみると、案外そんなに嫌な気持ちにならなかったり、むしろ仕事に行くことで気分が変わったというケースも少なくありません。

 

 

さらに、自分が仕事に行きたくない原因を"紙に書き出す"という行為は、それだけで"ストレス解消"の効果を得ることができます。

特に仕事の不満やストレスが溜まっている時というのは、あなたの頭の中は様々な思考で"ぐちゃぐちゃ"になっており、それによって正しい判断ができない状態になっています。

つまり、紙に書き出すという行為は、自分の頭の中を整理することもできるため、今すべき正しい判断をしっかり選び取ることもできるようになります。

 

 

中には、仕事に行きたくないという思いが強くなりすぎて"会社を辞める・転職する"という選択肢を選ぶ場合もありますが、これらはあなたの人生に良くも悪くも非常に大きな影響を与えます。

だからこそ、そんな重要な判断をする時は、事前に頭の中を整理してから、本当に正しい判断ができるようにしておきたいですね。

 

2.人に相談する

 

『仕事に行きたくない!』と思った時は、あなたが最も信頼できる人に"相談する"というのも非常に効果的な方法です。

あなたは『仕事に行きたくない!』という悩みを、自分1人で背負っていませんか?

中には、『自分の悩みを人に話すのが恥ずかしい』『自分の弱い部分を人に見られたくない』と思う方も多いかもしれません。

しかし、人に悩みを相談することで、それが"悩みの解決"になることもありますし、少なくとも現状よりも"ストレス"が軽減されるのは間違いありません。

 

 

より効率的に『仕事に行きたくない!』という悩みを解決したい場合は、"あなたと同じ会社に勤めている人物""あなたの会社と全く関係のない人物"の2人の人物に相談をするというのが望ましいです。

当然、あなたと同じ会社に勤めている人物というのは、あなたの仕事内容や職場の人間関係の状態を熟知していますので、あなたに正しい選択肢を提供してくれるはずです。

そして、あなたの会社と全く関係のない人物というのは、あなたの過去や現在を知っているからこそ、あなたの将来を考えて、本当に今すべきことを教えてくれるはず。

当然、どちらも"信頼できる人物"というのが非常に大切ですので、まずはあなたが本当に心から信頼している人物に相談をしてみてください。

 

3.仕事を休む

 

先程もお伝えしましたが、仕事の不満やストレスが溜まっている時というのは、あなたの頭の中で"様々な思考"がぐるぐると渦巻いています。

つまり、その状態で職場に行ったとしても、仕事に集中できるはずがなく、むしろ普段は考えられないようなミスを連発してしまい、それによって更なる"ストレス"を溜め込んでしまうことも。

ですので、『仕事に行きたくない!』という思いが強くなっている時は、思い切って"仕事を休む"というのも1つの方法です。

 

 

そもそも、仕事を休むというのは、全く悪いことではありません。

もちろん、無断欠勤は会社や職場の仲間に迷惑が掛かってしまいますので、なるべく控えた方が良いでしょう。

仕事の頑張り過ぎは"体調不良""ストレスの溜め込み"を招いてしまい、それによって後戻りができないような状態になってしまうことも少なくありません。

『仕事を頑張り過ぎた結果、病気になってしまった』となると、それこそあなたの人生に非常に大きな悪影響を与えてしまいます。

 

 

近年、仕事のストレスで"うつ病"を発症してしまうケースが増えていると言われています。

製薬会社『ルンドベック・ジャパン』の調査によると、日本で働く人の"10人に1人"の割合でうつ病と診断されているというのが分かったのだそう。

ある意味、日々の生活の中で『仕事に行きたくない!』と思ってしまう瞬間があるということは、既にあなたの精神状態は危険な状態になっているということが言えます。

ですので、『仕事に行きたくない!』と思ってしまう前に、自分の心身をしっかりと休ませてあげるようにしてください。

 

4.会社を辞める

 

仕事に行きたくない理由を紙に書き出す、最も信頼できる人に相談する、仕事を休んで今すべきことを考え直す。

これらの方法を行っても、まだ『仕事に行きたくない!』という思いが強く残っているという方は、今の仕事を"辞める"というのも1つの正しい判断です。

先程もお伝えしましたが、近年、日本で働く人の"10人に1人""うつ病"と診断されていると言われているほど、心身に無理をして仕事を続けた結果、復職できないほどのダメージを心に残してしまう方が増えています。

ですので、そうならないためにも、今の仕事が自分に合っていない、もっと他に自分に合う仕事があると感じている方は、今の仕事を辞めて"転職する"という選択肢も持っておきましょう。

 

 

当然、今の仕事を辞めて転職をしたからといって、それが絶対に良い方向に進むとは限りません。

むしろ、前の仕事を辞めたことで、その時の環境や人間関係の素晴らしさに気付くという場合もあります。

ですので、どうしても今の仕事を辞めたいと考えている方は、"今の仕事を辞める"ということ、そして"今の仕事を辞めない"という2つを同じ天秤に乗せて、どちらが自分にとって良いのかをしっかり考えましょう。

そして、今の仕事を辞めるという方を選んだ方は、以下の"関連記事"も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

【まとめ】転職に成功する人・失敗する人の7つの違い

2017.06.13

 

まとめ

 

このページでは、"仕事に行きたくない時の4つの対処法"について詳しくご紹介してきました。

以下の"関連記事"も参考になると思いますので、そちらも併せてご覧になってみてくださいね。

 

関連記事

会社に行きたくない病の5つの治し方

2017.12.06