平成が変わる!新しい元号の予想と決め方について

 

このページでは、"新しい元号の予想と決め方"について詳しく見ていきましょう!

実際に元号が変わるのは"2019年5月1日"と言われており、平成の次の新しい元号の発表は"2018年内"と言われています!

中には、『新しい元号に変わる瞬間を初めて経験する!』という方も多いと思いますので、世の多くの方が『新しい元号が何になるのか気になる!』と思っているはず!

ですので、今の内に"新しい元号の予想と決め方"をしっかりチェックしておきましょう!

 

元号の決め方とは?

 

そもそも、元号はどのような方法で決められるのか知っていますか?

先程もお伝えしましたが、中には『生まれて初めて元号が変わる瞬間を経験する』という方は多いと思いますので、今の内に"元号の決め方とルール"についてしっかり知っておきましょう!

 

元号の決め方

日本は"元号法"という法律があり、この法律は"皇位継承"があった場合に適用され、それによって新しい元号に変わる。

 

そもそも、日本は"元号法"という法律があるのですが、実は元号法は"元号は政令で定める"とされているだけであって、具体的な元号の決定方法はないのだそう。

ちなみに、"昭和"から"平成"に元号が変わる際には、以下のような流れで元号が決められました。

 

元号の決め方(昭和⇒平成)
  1. 様々な分野の大学教授や有識者が候補を考案
  2. 候補の中から内閣官房長官が選定
  3. 閣議で協議
  4. 国民の代表として、衆参両院議長の意見を集める
  5. 閣議で『平成』に決定

 

ちなみに、『昭和』から『平成』に元号が変わる際に、実は平成以外にも非常にたくさんの候補があったのですが、以下のような意見によって"平成"に決まったと言われています。

 

平成に決まった理由

明治⇒M

大正⇒T

昭和⇒S

平成⇒H

 

平成は"明治・大正・昭和"のイニシャルと被らないということから、満場一致で平成に決まったと言われています。

もちろん、分かりやすくて親しみやすいという理由もあるのですが、元号の決め方はその時によって大きく変わるのかもしれませんね。

 

元号の決め方のルールとは?

 

元号の決め方のルール
  1. 国民の理想として相応しい
  2. 良い意味を持つ
  3. 書きやすい
  4. 読みやすい
  5. 漢字2文字である
  6. 過去に元号・送り仮名として使われていない
  7. 新しい言葉である

 

元号の決め方のルールを簡単に説明すると、"誰もが簡単に書ける・読めるだけでなく、良い意味を持つ漢字2文字の新しい言葉"ということになります。

つまり、『佐藤』などの人の苗字や『未来』などの一般的に使用されている漢字2文字は元号にならないということですね。

ちなみに、『昭和』から『平成』に元号が変わった時は、実は平成以外にも"修文""正化"などの候補があったようです。

 

みんなの"新元号の予想"を見てみよう!

 

やはり多くの方が"最も気になっていること"といえば、平成の次の新しい元号が何になるのかということですよね!

しかし、先程もお伝えしましたが、元号の決め方のルールは"新しい言葉"ですので、人によって様々な新元号の予想がたくさん出ているようです!

ということで、以下では"インターネット上のみんなの新元号の予想"について詳しく見ていきましょう!

 

新元号の予想①『玉晴(ぎょくせい)』

参考:東大生が新元号をガチ予想してみた

 

新元号の予想②『永明(えいめい)』

 

新元号の予想③『安久(あんきゅう)』

 

新元号の予想④『安明(あんめい)』

 

新元号の予想⑤『永徳(えいとく)』

 

新元号の予想⑥『高徳(こうとく)』

 

新元号の予想⑦『公京(こうきょう)』

 

新元号の予想⑧『信福(しんふく)』

 

新元号の予想⑨『正安(せいあん)』

 

新元号の予想⑩『熟成(じゅくせい)』

 

ここからは新しい元号の"おもしろ予想"となります!

まずは、『熟成』という新しい元号の予想。

これを予想した方曰く、年を重ねるごとに"熟成1年・熟成2年"と旨味が増しそうだからとのこと(笑)

 

新元号の予想⑪『懲役(ちょうえき)』

 

先程の『熟成』と反対に、こちらの"懲役"は年を重ねるごとに、どんどん嫌な気持ちになりそうです(笑)

 

新元号の予想⑫『禁錮(きんこ)』

 

先程の『懲役』と同じように、こちらの"禁錮"もかなり嫌ですね(笑)

 

新元号の予想13『大体(だいたい)』

 

大体1年、大体2年・・・。

なんだか、何もかもが適当になりそうです。

 

新元号の予想⑭『苦節(くせつ)』

 

苦節15年・・・。

これまでに壮絶な苦労をしてきたということを装うことができそうです(笑)

 

新元号の予想⑮『西暦(せいれき)』

 

これはかなり斬新!(笑)

 

新元号の予想⑯『石の上にも』

 

もはや、漢字2文字ではありませんが、これもユニークで良いですね!(笑)

石の上にも15年・・・。

先程の『苦節』と同じ匂いがします。

 

新元号の予想⑰『卍伝(まんじでん)』

 

中には、新しい元号の予想として、2017年の流行語の"卍(まんじ)"を含めた漢字2文字も非常に多く出ていました。

しかし、ここで皆様に悲しいお知らせです。

 

元号の決め方のルール『新しい言葉である』

 

現在インターネット上では、平成の次の新しい元号が一体何になるのか、非常に多くの予想が出ています。

しかし、先程の元号の決め方のルールを思い出してください。

そもそも、新しい元号は"新しい言葉"でないといけないため、既に予想されている元号は絶対に採用されないという暗黙のルールがあるのだそう。

実際に過去には、新しい元号の候補が"新聞"に掲載されていたということで、その新しい元号の考案が候補から外れたという事例もあるようです。

ですので、新しい元号を本気で予想したいという方は、自分の心の中で予想をするか、家族や友人の中で予想をするのが良いのかもしれませんね。

 

まとめ

 

このページでは、"新しい元号の予想と決め方"について詳しくご紹介しました!

先程もお伝えしましたが、平成の次の新しい元号は"2019年5月1日"に改元となっており、さらに"2018年内"に発表されると言われています!

ちなみに、元号を使っている国は世界で"日本だけ"ですので、平成の次にどんな元号になるのか、今からちょっとワクワクしますよね。

 

関連記事

【保存版】サイコパスに共通する3つの特徴

2017.11.17

【必読】厄年の「男性」が絶対にしてはいけない4つのコト

2017.07.27

メンヘラ女の7つの特徴と見分け方について

2017.06.30