【保存版】コスパ最強!おすすめの高音質イヤホン9選

 

このページでは、"コスパ最強のおすすめの高音質イヤホン"について詳しくご紹介しています。

ひとくちに『イヤホン』と言っても、今では数え切れないほどの種類が存在するため、どれを選べば良いのか全く分からないという方は多いはず。

今現在、コスパ良&高音質のイヤホンを探しているという方は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

"Bluetooth(ワイヤレス)イヤホン"の購入を検討されている方は、以下の"関連記事"をご覧ください。

 

関連記事:【保存版】おすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン9選

 

目次

 

  1. イヤホンの正しい選び方
  2. 【5,000円以下】おすすめ高音質イヤホン3選
  3. 【10,000円以下】おすすめの高音質イヤホン3選
  4. 【20,000円以下】おすすめの高音質イヤホン3選

 

1. イヤホンの正しい選び方

 

まずは、"イヤホンの正しい選び方"について詳しく見ていきましょう。

 

1-1. イヤホンの種類

 

ひとくちに『イヤホン』と言っても、実はいくつかの種類があることをご存知でしたか?

イヤホンは種類によって"特徴"が大きく異なりますので、以下では"イヤホンの種類""各メリット・デメリット"について詳しく見ていきましょう。

 

◆ カナル型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 遮音性が高い
  • 防音性が高い
  • 音漏れしにくい
  • 細かな音を聞き取りやすい
  • 低音を聞き取りやすい
  • 耳から外れにくい
デメリット
  • タッチノイズがある
  • 耳が疲れる
  • 密閉感がある
  • 周囲の音を聞き取りにくい

 

◆ インナーイヤー型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 開放感がある
  • 周囲の音を聞き取りやすい
  • 長時間の装着が可能
  • 耳が痛くなりにくい
  • 耳への負担が少ない
  • 着脱しやすい
デメリット
  • 音漏れしやすい

 

◆ 耳掛け型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 耳から外れにくい
  • ランニング中におすすめ
デメリット
  • 遮音性が低い
  • 長時間の使用には向かない

 

◆ ネックバンド型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • コードが絡みにくい
  • 装着時にストレスを感じにくい
  • 耳から外れにくい
  • 運動時におすすめ
デメリット
  • 首が軽く固定される
  • 首部分がかさばる

 

1-2. スピーカー

 

イヤホンに内蔵されている『スピーカー』にはいくつかの種類があり、そのスピーカーの種類によって"得意・不得意な音楽のジャンル"というのが大きく異なります。

ですので、あなたが普段からよく聞いている音楽のジャンルに合わせて"イヤホンの選び方を変える"というのも非常におすすめです。

以下では、イヤホンに内蔵されている"スピーカーの種類と特徴"について詳しく見ていきましょう。

 

◆ ダイナミック型

メリット
  • 低音域の再現力が高い
  • ロック・ポップス向き
デメリット
  • 小型化が苦手

 

◆ バランスド・アーマチュア型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 中音域~高音域の再現力が高い
  • クラシック・アコースティック向き
デメリット
  • 低音域が苦手
  • 高価な商品が多い

 

◆ ハイブリッド型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型のいいとこ取り
デメリット
  • 高価な商品が多い

 

2. 【5,000円以内】おすすめ高音質イヤホン3選

 

以下では、"5,000円以内"で購入できるおすすめの高音質イヤホンについて詳しく見ていきましょう。

 

2-1. SHE9730 / PHILIPS

 

◆ 『SHE9730』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 3,397円

 

◆ 『SHE9730』の口コミ

満足度 ★★★★★

コスパはとても良いです

以前使っていたPHILIPS SHE9050BLが壊れたので購入。
コストパフォーマンスが良く、壊れてもまた買ってもいいかな?レベルの商品。
このイヤホンにハイレゾはあまり期待しないでくださいね…
高音はとても聴きやすいです。
イヤホンを使用時は外出中のことが多いため、そこまで音質は気にしていません。
音質が気になるのであれば別のを買ったほうがよいかと。
付属品としてポーチが付いてきましたが、自分はコードに変な癖、絡まったりするのが嫌なので使っていません
U型ケーブルのため、レジで外すときは首から下がられたりと便利です。
SHE9050BLは遮音性が高く、電車に乗る機会の多い自分からしたらとても良い製品でした。
こちらはそこまで遮音性が高くないので、周りの音が聞こえたりも。
そこだけが使用上の不満点かな。

満足度 ★★★★★

いい音しますね

高音・中音はよくなります。
低音部分はちょっと弱い感じがしますがクラスで考えると十分に出ている部類です。
音の解像度っていうか、もやってした感じがなくクリアに聞こえるので楽器やボーカルも際立っているように感じます。
ケーブルがちょっと固いのかな?

この商品をAmazonで見る

 

2-2. HSE-A1000 / ALPEX

 

◆ 『HSE-A1000』の評価

総合評価 ★★★★★
価格 1,060円

 

◆ 『HSE-A1000』の口コミ

満足度 ★★★★★

超ハイコスパイヤホン。こんなすごいの出しちゃっていいの?

レビューの評価が良いことと、新商品ということでそこまで考えずに買いましたが、聴いた瞬間鳥肌が立つほど感動しました。4万円台のイヤホンを愛用していたこともありましたが、その代用品になり得るほど迫力のある音を出してくれて驚きと喜びが止まりません。欠点を言うなら、まだ使用しはじめて間がありませんが、イヤホンの根元がすぐ断線しやすそうで不安を感じるところ。それと、プラグがL字型ではなくI字型であること。L字型が良い方はL字型変換コネクタも購入するといいでしょう。もちろん、変換コネクタを購入する手間や金額を考慮しても大満足間違い無しのイヤホンです。初心者はもちろん、色々なイヤホンを購入してきた上級者にもおすすめできます。

満足度 ★★★★★

たまげました

どうせ1000円ちょっとだし、失敗しても別にいいやと試聴もせず購入。

一聴して愕然としました。ステマっぽいですが完全に期待を裏切られました。良い意味で。

私の感覚ではややドンシャリ気味に聞こえますが、そこがとても気に入りました。どこまでも伸びて煌びやか……とまでは行きませんが抜けるような高音、必要充分な低音、それらに埋もれない中音。トータルバランスから考えると1060円という価格は驚嘆に値します。
本当にステマっぽいですが(汗)、3万円ほどする某イヤホンより(音質そのものの善し悪しではなく)私にとってはこちらの方がずっと好きな音を鳴らしてくれます。

父がややオーディオに煩く(オーディオファイルではあるのですがやや偏屈なこだわりを持っているというか……数万円のイヤホンを聞かせても「探せばせいぜい1万円くらいでこの程度の音が出るイヤホンもあるだろう」といつも言われます。笑)、試しに値段を言った上で聞かせたところ私がこれまで所有してきたイヤホン(そんなに自慢できる数ではありませんが)で初めて手放しで絶賛していました。
これには父より私の方が驚きました(笑)。

外で使っていないので遮音性と音漏れ防止については現状無評価です。

あとは他の方も言及されておいでですが、やはりケーブルやプラグなどは値段相応でかなり華奢。断線はし易いかも知れません。けどこの値段だったら躊躇なく買い替えられますねσ(^_^;

拙文、ご笑覧有り難うございました。

この商品の詳細を見る

 

2-3. Co-Donguri雫 / 茶楽音人

 

◆ 『Co-Donguri雫』の評価

総合評価 ★★★★★
価格 4,491円

 

◆ 『Co-Donguri雫』の口コミ

満足度 ★★★★★

買って正解

この金額でハイレゾ対応というのは驚異です。
素人ですが音場が広い感じですが全体的に音が押し出されてるような雰囲気です。
タッチノイズも殆ど気にならないです。

満足度 ★★★★★

2度目の購入です。

一年で2度目の購入です。前回のものは自作ポタアンからのDC漏れで昇天しました。代替品(ZH-DWX10 ZERO AUDIO)を購入しましたが実売価格で半分程の雫の音の良さが忘れられず再購入となりました。レンジ等はZEROAUDIO製が優れていると感じますが、音楽の生き生きした再生音は雫のほうが私に会っていると思います。またこのイアホンは周辺機器の音の違いを明確に再現できていることが面白いと思います。
日々の通勤用に使用してます。

この商品をAmazonで見る

 

3. 【10,000円以下】おすすめの高音質イヤホン3選

 

以下では、"10,000円以内"で購入できるおすすめの高音質イヤホンについて詳しく見ていきましょう。

 

3-1. SE215 / SHURE

 

◆ 『SE215』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 9,873円

 

◆ 『SE215』の口コミ

満足度 ★★★★★

遮音性に優れる

かなり遮音性が高く、邪魔されることなく音楽を楽しむことができてとてもいい。
音質もとてもよく、人におすすめできる。
断線を嫌ってリケーブルのこの製品を選んだのだけど、そもそもコード自体が結構しっかりしてて安心感がある。
ただ、いわゆるSHURE掛けのイヤホンを使うのが初めてだったので、最初は装着の仕方がよくわからず戸惑った(笑)

満足度 ★★★★★

音が頭の中で鳴っている!

高級音響機器に憧れるド素人の感想です。このメーカーを知ったのは好きなアスリートが「シュア掛け」をしていたことがきっかけです。

まず、今まで使っていたどのイヤホンより遮音性が高いので、音楽の世界にどっぷり浸ることができます。反面、人通りや自転車の多い街中で使用する場合は注意が必要だと思いました。

音楽が耳から聴こえてくるというより、頭の中で鳴っているという感覚がして感動しました。自分は低音がきいている方が好きなのですが、全ての音域が鮮やかに聴こえてくるため、満足しています。この形のイヤホンに慣れないので、素早く装着するのにはもう少しかかりそうです。

以前より値引きされていることに感謝です。シュア掛けは達成したので、今度はリケーブルに挑戦してみたいです。予算に問題がなければ、購入をおすすめします。

この商品をAmazonで見る

 

3-2. E3000 / final

 

◆ 『E3000』の評価

総合評価 ★★★★★
価格 5,480円

 

◆ 『E3000』の口コミ

満足度 ★★★★★

普通に良い音

単純に聞いててラクなフラットな音でも、final独特の響き方もあってfinalファンにはたまらない製品だなと思いました。値段で考えると相当の製品の良さを感じました。あと、付属品が嬉しい良いイヤホン+ありがたい付属品でこの値段はすごい

満足度 ★★★★★

ヘッドホン祭での視聴

『E2000』は間違えなく5000円帯で定番となります。全体のバランスが良く、いつまでも聴いてられる飽きない音。これが嫌いな人はいないと思います。しかし、この価格帯で作るから凄いのであって、似た傾向のイヤホンは沢山あります。一方、『E3000』はfinalらしい音。どこか温かくて自然に感じました。中音の物足りなさは感じるものの、音場が広がっていて音楽を楽しむことができます。良いプレイヤーでも音源が粗悪にならないのが、Eシリーズの凄いところです。ボーカルのある曲を聴きたい方、オーディオ初心者の方にはE2000。色々な機種を持っていて、finalの音を聴きたいと考える方にはE3000がオススメです!!両方買っちゃいましょう!!!!

この商品をAmazonで見る

 

3-3. E700M / ONKYO

 

◆ 『E700M』の評価

総合評価 ★★★★★
価格 7,900円

 

◆ 『E700M』の口コミ

満足度 ★★★★★

全てがレベル高い

専らデザインで決めましたが音質面も大満足です
クリアな音で中高音が伸びやかなのでボーカルものに良く合います。逆にロックは苦手だと思いますがそれでも迫力ではなく表現力で魅せてきます

満足度 ★★★★★

レベル高い

編み込みケーブルといいメタリックなハウジングといい センスを感じますね 
耳にスポッと入って装着感もかなりいい
全帯域ともハキハキした明瞭なサウンドで情報量もかなり多いです
今まで聞こえなかった楽器の音が聞こえるようになったし、聴き疲れもしないしで大満足です

この商品をAmazonで見る

 

4. 【20,000円以下】おすすめの高音質イヤホン3選

 

以下では、"20,000円以内"で購入できるおすすめの高音質イヤホンについて詳しく見ていきましょう。

 

4-1. KC09 / OSTRY

 

◆ 『KC09』の評価

総合評価 ★★★★★
価格 13,000円

 

◆ 『KC09』の口コミ

満足度 ★★★★★

本当に良くなった!

大好きな音だったKC06A、ケーブルの取り回しとダサ過ぎるデザインが本当に残念でしたが、生まれ変わって帰ってきてくれましたね!

サウンド的にはKC06Aを踏襲するクリアで硬めなクール系、中高域の抜けの良さも健在です。

低音はより沈み込みが深く、タイトというよりも適度な空気感を伴った鳴り方が非常に好み。

全体的な解像度感も高く、マルチBAイヤホンユーザーにも違和感なく使えます。

空間表現は06Aよりも数段良くなったように感じます。

シックな見た目は前作の意味不明なものとは一線を画しますし、ゴムゴムしい取り回し最悪だったケーブルもリケーブル対応で布巻きの扱いやすいものに変わり大満足!

買わない理由を見つける方が難しい( ̄▽ ̄;)

満足度 ★★★★★

最高!

前作のkc06aとくらべると、高音部分が和らぎ解像度が上がっています。また、低音もこもるような音ではなくハッキリとした音が出ています。
この価格ではコスパ最強だと思います

この商品をAmazonで見る

 

4-2. MA750 / RHA

 

◆ 『MA750』の評価

総合評価 ★★★★★
価格 12,606円

 

◆ 『MA750』の口コミ

満足度 ★★★★★

納得の買い物

1万円以上のイヤホンを買うのは初めてでしたが、買って良かったと満足しています。聴くのはDAPでクラシックです。高価なイヤホンだとオーディオスピーカーも変えてしまう値段ですし、安価なイヤホンでは聞き流す程度で仕方ないかなと諦めていましたが、このイヤホンなら屋外でもオーケストラ曲を聴いてみようかなと思える音でした。音楽を楽しむ幅も広がり、納得の買い物でした。

満足度 ★★★★★

素直な音が良い

日常、電車で使用する為、低音がしっかりしたイヤホンが好きでDENONのAH-C820を使用しています。価格帯も手頃さ、レビュー数の多さ、高評価に惹かれて購入しました。宅録の音源(ジャズ)にて聞き比べたところ、低音に関してはAH-C820には及びませんが、空気感の再現性の高さは価格帯を越えた驚きがありました。癖の少ない素直な音質だと思います。コスパの良い買い物ができました。

この商品をAmazonで見る

 

4-3. IE60 / ゼンハイザー

 

◆ 『IE60』の評価

総合評価 ★★★★★
価格 18,329円

 

◆ 『IE60』の口コミ

満足度 ★★★★★

今まで聞いていた曲が別の曲に聞こえた。

ゼンハイザーのCX300Ⅱからの買い替えです。ジャズや女性ボーカルを中心に聞いています。CXも価格を超える良い音を出していましたが、IE60は音のメリハリがしっかりしていてがさつかず、CXでは聞こえていなかった音も出してくれているように思います。耳にぴったりフィットするようにはめると、更に重厚感が増す感じです。
イヤホンは耳かけタイプですが私には使いづらくて使っていません。耳も痛くなってきます。

満足度 ★★★★★

コスパのバランスが取れているネ

30~40時間エイジングをしてみた所、劇的に良くなった!
『ひと昔の機種』ってイメージが有りますが、完成されている物に 今も昔も無いですよ。

この商品をAmazonで見る

 

まとめ

 

このページでは、"コスパ最強のおすすめの高音質イヤホン"についてご紹介しました。

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの購入を検討されている方は、以下の"関連記事"も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事:【保存版】おすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン9選