【保存版】おすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン9選

 

ひとくちに『Bluetooth(ワイヤレス)イヤホン』と言っても、今では数え切れないほどの商品が存在するため、その中から"最高のイヤホン"を見つけるというのは非常に難しいことです。

それに、Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンは決して安い買い物ではありませんので、出来るだけ無駄な出費を抑えて良い商品を購入したいですよね。

そこで、今回は"おすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン"について詳しく見ていきましょう!

あなたが探し求めていた"最高のイヤホン"がきっと見つかるはずです!

 

目次

 

  1. Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの正しい選び方
  2. Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンのメリット・デメリット
  3. コスパ重視の人におすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン3選
  4. 音質重視の人におすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン3選
  5. スポーツ用におすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン3選

 

1. Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの正しい選び方

 

まずは、"Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの正しい選び方"について詳しく見ていきましょう。

 

1-1. Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの種類

 

ひとくちに『Bluetooth(ワイヤレス)イヤホン』と言っても、実はいくつかの種類があることをご存知でしたか?

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンは種類によって形状や特徴が大きく異なりますので、まずは"Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの種類"について詳しく見ていきましょう。

 

◆ 左右一体型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 商品数が多い
  • 価格帯に幅がある
デメリット
  • 商品数が多いため選ぶのが難しい

 

◆ 完全独立型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 完全独立のため煩わしさがない
  • 超軽量
  • 高機能な商品が多い
デメリット
  • 値段が高価な商品が多い

 

◆ ネックバンド型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 落ちにくい
  • ジョギングにおすすめ
デメリット
  • 首を軽く固定されるため煩わしさがある

 

◆ ボックス型

by www.e-earphone.jp

メリット
  • 直差しでも聞ける
デメリット
  • 受信機を持ち歩かないといけない

 

◆ ヘッドセット型

by www.amazon.co.jp

メリット
  • 通話に特化している
デメリット
  • 音楽鑑賞には不向き

 

1-2. コーデック

by www.amazon.co.jp

 

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンを購入する時は、必ず"対応コーデック"を確認するようにしましょう。

対応コーデックは、あなたが使用しているスマートフォンやタブレットによって種類が異なります。

対応コーデックが分からないという方は、以下の表をご覧になってみてください。

 

◆ コーデックの特徴

種類 特徴
AAC iOS端末に対応しており『iTunes』と同じ圧縮方式。高音質なのが特徴的。
apt-x CD音源に近い高音質で転送できる。かなり劣化が抑えられているのが特徴的。
LDAC SONYが開発した新方式。無劣化・ハイレゾ音源を求める人におすすめ。

 

簡単にまとめると、iPhoneユーザーは"AAC対応機"、Androidユーザーは"apt-X対応機・LDAC対応機"を選ぶのがおすすめです。

 

1-3. バッテリー持続時間

by www.amazon.co.jp

 

その名の通り、Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンは"コードがない"というのが最大の特徴ですので、Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンを使用する際には事前にバッテリーを充電しておく必要があります。

基本的にBluetooth(ワイヤレス)イヤホンは重量が重くなるほどバッテリー持続時間が長くなり、逆に重量が軽くなるほどバッテリー持続時間が短くなるという特徴があります。

ですので、Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンを選ぶ時は"バッテリー持続時間と重量のバランス"をしっかり考えるようにしましょう。

 

2. Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンのメリット・デメリット

 

以下では、"Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンのメリット・デメリット"について詳しく見ていきましょう。

 

2-1. Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンのメリット

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンのメリット

  • コードが絡まない
  • 煩わしさがない
  • タッチノイズがない
  • 運動中に外れにくい

 

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの最大のメリットといえば、やはり"コードが絡まない"ということでしょう。

特に"完全独立型"のBluetooth(ワイヤレス)イヤホンは、その名の通り"完全なコードレス"となっていますので、あのイヤホンコードの煩わしさから解放されるのは快適です。

 

2-2. Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンののデメリット

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンのデメリット

  • 長時間使用には不向き
  • 充電しないと使えない
  • たまに音切れがある
  • 音質が劣化する

 

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンの最大のデメリットといえば、やはり"音質が劣化する"ということでしょう。

しかし、最近では"高音質"で音楽を楽しめる商品も増えていますので、ひと昔前と比べるとかなり進化しています。

 

3. コスパ重視の人におすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン3選

 

以下では、"コスパ重視"の方におすすめの低価格のBluetooth(ワイヤレス)イヤホンについて詳しく見ていきましょう。

 

3-1. Q12 / SoundPEATS

 

◆ 『Q12』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 2,799円

 

◆ 『Q12』の口コミ

満足度 ★★★★☆

コスパ的に満足です

マグネットで止められるものを探していたのでコスパ的には満足です。欲を言えばiPhoneのイヤホンのように、ボタンの位置がもう少し形状の感覚で識別できると良いかと。やや耳にはめにくく、耳から飛び出るサイズ感ですが最近はどれもこんな感じなのかな。
もう少しだけ長めにしても良いかと。

満足度 ★★★★☆

気に入りました

Bluetoothのイヤホンをずっと探していたのですが、今回購入したこれは小さくて軽いうえ、音質も問題ありません。今のところ不具合も無いので良い買い物をしたと考えています。

この商品をAmazonで見る

 

3-2. TT-BH07 / TaoTronics

 

◆ 『TT-BH07』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 2,079円

 

◆ 『TT-BH07』の口コミ

満足度 ★★★★★

コスパは抜群

【デザイン】
あまり気にしませんが特に不満はありません。安っぽさはありません。

【高音の音質】
広帯域ではありませんがまとまりがよく聞きやすいと思います。

【低音の音質】
期待以上の量感と重さがあります。この価格でこの低音は驚きです。

【フィット感】
私の耳にはよくフィットします。そのおかげで低音が良く聞こえます。

【外音遮断性】
悪くないと思います。

【音漏れ防止】
悪くないと思います。

【携帯性】
Bluetoothなので良いです。

【総評】
英語学習用に安いヘッドセットを買ったのですが、音楽にも十分使える音質があります。コスパは非常に高いと思います。ただマイクの音量は小さいのでヘッドセットとしてはもうひと息です。

満足度 ★★★★★

コンパクトで軽くコスパ◎

【デザイン】
とてもシンプルなデザイン。
コンパクトなコントローラー部が◎

【音質】
そこそこ。個人的にはドンシャリ系が好きなので少し物足りなさはありますが、十分なレベル。

【フィット感】
サイズの合ったイヤーピースを選択して、適度に回転させればほどよくフィットします。

【外音遮断性】
遮断性はあまりないので、ランニングの時に車や自転車に気付けて○

【音漏れ防止】
ほぼないかと思います。

【携帯性】
コンパクトで軽く、イヤホンヘッドが磁石でくっつくので携帯性○

【総評】
コードが平たく薄いタイプであまり丈夫ではなさそうので、断線には注意が必要かと。
購入時はAmazonのイヤホンランキングの上位で、コスパのとても良い製品だと思います。

この商品をAmazonで見る

 

3-3. AirPods / APPLE

 

◆ 『AirPods』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 17,315円

 

◆ 『AirPods』の魅力

こちらの『AirPods』は決して安い商品とは言えませんが、他のBluetooth(ワイヤレス)イヤホンと様々な点を比較してみると、まさに"コスパ最強"と言っても過言ではありません。

『AirPods』の最大の魅力は、とにかく"利便性が高い"ということ。

『AirPods』は"光学センサー"が内蔵されているため、『AirPods』の専用ケースから取り出すと直ぐに電源がオンになり、耳から取り外すと音楽が止まる仕組みになっています。

他にも様々な機能が搭載されていますので、気になる方はAppleの"公式サイト"の方をご覧になってみてください。

 

◆ 『AirPods』の口コミ

満足度 ★★★★★

結局これ!圧倒的に便利!音はオープン系!

いくつかBTイヤホンを持ってますが
軽くて、装着感もよく、圧倒的に使いやすいです。

そう簡単には外れませんが
さすがに走ったりすると落とすのが怖いので
フックを買いました。

他のアップル製品でもすぐ使えるのもいいですね。

音はオープン系なので
音楽に没入する聞き方よりもBGM的な聞き方の方が合うと思います。
なので、家事をしながらや散歩中など
外の音を聞く必要があるシチュエーションですごく便利!

聞き込みたいたいときは、ウォークマン+ヘッドホンと使い分けています。

予算1万円で普段使いのBTイヤホン探しているなら
少し予算オーバーしてでも、これがいいと思います。
オススメです!!

満足度 ★★★★★

単なるイヤホンとは特別感が違う。アップル神器の1つ

ear podsよりも音が良く感じます。

確かにbluetooth特有の違和感は感じますが、
音の分離が良く感じますね。(使って6日ほど経ちましたが、音が劇的にクリアになりました。どうやらBluetooth の音というより、エージングされていなかっただけみたいです。今ではbluetooth臭さは感じません。)
特に高音は控え気味ですが、粒立ちが良いというか、
ear podsよりも綺麗に聞こえます。(同じく6日経って高音が前にでるようになりました)

左右完全分離のワイヤレスは有線みたいな手わずらしさがなくて、便利で凄く不思議な感じがします。

再レビュー

それよりも驚くのは、製品の所有感です。
普通のイヤホンは所有感なんて微塵も感じませんが、
air podsはアップル製品ガジェット特有の所有感が凄いです。
ただのイヤホンではなく特別なアップル製品なんだなあということを強く感じますね。アップル信者に与えられた新しい勾玉がair podsです。

この商品をAmazonで見る

 

4. 音質重視の人におすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン3選

 

以下では、"音質重視"の方におすすめの高音質Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンについて詳しく見ていきましょう。

 

4-1. MDR-NWBT20N / SONY

 

◆ 『MDR-NWBT20N』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 5,998円

 

◆ 『MDR-NWBT20N』の口コミ

満足度 ★★★★★

コスパ良いですやん。

ノイズキャンセル機能はハッキリとは分かりませんが、いい音で鳴っます。最初、Androidスマホとの接続に苦労しましたが再起動で繋がりました。

満足度 ★★★★☆

操作性は慣れが必要だが、音はいい。

音はいいが操作部がけっこう大きい。それにUSBの充電口はフタがあけにくいし、すぐにちぎれそうだ。早送り・巻き戻し、再生・ポーズ等、各操作も私的にはやりにくく好みではない。が、ペアリングのしやすさ、Bluetoothの感度の良さはいい。何度も言うが、音もいい。なので、減点ポイントはあるが★4つ。

この商品をAmazonで見る

 

4-2. BackBeat GO3 / PLANTRONICS

 

◆ 『BackBeat GO3』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 8,767円

 

◆ 『BackBeat GO3』の口コミ

満足度 ★★★★★

音も良く、ケースが秀逸

とある雑誌でベストバイになっていたためこれを購入しました。

【外観】
私はコッパーグレイを購入しましたが、最初はあまり好きなグレー色てはありませんでしたが、最近は気にしていません。
Right側に電源ボタンと+-ボタンがあります。

【装着感】
耳によくフィットします。私はラグビーをやってたせいで右耳が変形していますが、Right側にのインナーイヤーを太いものに交換したらまずまずフィットしました。

【音】
私はあまり音響にはくわしくありませんが、とてもいい音だと思います。ややドンシャリ気味ですが、ボリュームをMAXにしても音は割れません。
ただし低音は苦手です。ボーカルやギターはよく聞こえるのですが、ベースの音が弱いです。
これはBluetoothイヤホンで共通の弱みなのかもしれません。

【ケース】
私は充電ケース付きのタイプを買いましたが、このケースが秀逸です。
ケースほ厚布のポーチ型でそのそこに薄型の充電池が仕込まれており、充電池から8センチくらいの受電コードが出ています。
もし本体の電池がきれても、ケースの中で充電できるというわけです。
これは旅行などでは、とても便利なものでしょう。

【総評】
低音が弱いものの音自体は良いので★5つにしました。充電池付きのケースも便利です。

満足度 ★★★★☆

付属のイヤーピースは全部試すべし!

Bluetoothの音質を疑っててすみませんでした。
音質を一言で言うと、全てを普通以上に出来る
優等生なイメージ!
ジョギングでも使用してますが
多少のタッチノイズはありますが
ケーブルの煩わしさから開放されて最高です!
付属のイヤーピースを試した結果
当方はSサイズがベターでした。
スカスカのイヤーピースを使ってるあなた!
音質全然変わるので、ちゃんと全てを試して下さい!
特に低音を効かせたい方は
大きめのイヤーピースで密閉感を高めると
しっかり低音が強調されますよ。
設定変更は
アプリにて行いますので
Bluetoothでリンクさせてから
アプリで言語変更ができます。

この商品をAmazonで見る

 

4-3. THE DASH / Bragi

 

◆ 『THE DASH』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 21,450円

 

◆ 『THE DASH』の口コミ

満足度 ★★★★★

良い買い物でした

迷った末に購入したが、買ってよかったと言うのが実感です。完全コードレスの快適性に加えてデザインの良さ、ヘッドセット自体にオーディオデータを入れられることや、ランニング等のデータもヘッドセット自体に記録しつつ過去5分間の平均データを自動的にコールしてくれたりと、飽きません。

満足度 ★★★★★

2日使ってみて。

フィット感 ルックス 音質 操作性。どれもいい感じです。Bluetoothなので多少音が切断されるかと心配していました。しかし使ってみるとそうでもありません。右ポケットに入れておけば基本は大丈夫です。ただコードとケースが壊れた場合が怖いですよね。単品で購入できないのでコードとケースも大事にしないと大変なことになります。それ以外は心配なくとても良い商品です。

この商品をAmazonで見る

 

5. スポーツ用におすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン3選

 

以下では、ウォーキング中やジョギング中におすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホンについて詳しく見ていきましょう。

 

5-1. SOL AMPS AIR / SOL REPUBLIC

 

◆ 『SOL AMPS AIR』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 12,085円

 

◆ 『SOL AMPS AIR』の口コミ

満足度 ★★★★☆

ランニング中に使うため

ランニング中につけるイヤホンが欲しかったので購入しました。
装着して見た感じは耳にしっかりとフィットし走っても落ちませんし、遮音性も高いです。
音質面は全体的に低音域が強くなっているので、EDMなどをガンガン聞きたい人にはオススメできますが、高音域の音割れによるしゃりしゃり感が少し気になります。

満足度 ★★★★★

バッテリーの時間はあんまり気にしなくても十分使えます

通勤中にクラシック、ヒップホップとジャンル幅広く聞きます。重低音が強めな印象を受けますが、特に違和感なく価格相応で満足しています。

バッテリーが3時間と心配していましたが、充電機能付きのケースを持ち歩く事になると思うので、会社にいる間にはケースにしまっておき、帰りにはフル充電になっている状態で全く問題なく使えてます。ケース自体の充電は1~2週間に充電するといった感じです。

肝心のBluetooth通信に関しては家の中でmacbookのBluetoothをONにして、iphoneのBluetoothもONの状態だと干渉するのかつながりにくい時もありますが、どちらかを切ればそれらの問題も解決するので自分としては問題なく使えてます。

この商品をAmazonで見る

 

5-2. BackBeat Fit / PLANTRONICS

 

◆ 『BackBeat Fit』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 12,230円

 

◆ 『BackBeat Fit』の口コミ

満足度 ★★★★☆

ジョギング時にはこれが一番

以前に購入したのが、USB充電する所が潰れちゃって充電できなくなってしまったので追加購入です。前に買ったのがうん万とプレミア価格になっていたので、これを買いましたが、使い易さはやはり良いです。値段が8000円程度に下がってくれたら、故障時用に買いだめしたい所です。

満足度 ★★★★★

良い買い物だったと思います。

ランニング用に購入しました。
外れる心配はないです。
日本語の説明書ついてます。
なので操作しやすいです。電源ボタンが小さくて少し押しにくいですが。
電池は最大8時間持ちます。
起動時にあと何時間か知らせてくれます。
断線の心配はいらないと思います。
音質は普通だと思います。ランニング用には十分です。
良い買い物をしたと思います。

この商品をAmazonで見る

 

5-3. TT-BH07 / TaoTronics

 

◆ 『TT-BH07』の評価

総合評価 ★★★★☆
価格 2,799円

 

◆ 『TT-BH07』の口コミ

満足度 ★★★★★

自分にとっての革命となった商品

ワイヤレスのイヤホンはとても高い上に音質も悪い印象がありましたが、
アマゾンでかなりディスカウントされていたため購入。
予想をはるかに上回る音質で感動しました。端末とイヤホンを繋ぐ煩わしいコードがなく、また防滴仕様であるためランニングや素振りの際に音楽を聞いていても全然気にならないし、掃除の時に本体をどこかにおいて数メートル離れて作業をしても大丈夫というのが自分にとっては革命でした。
とっても満足しています。

満足度 ★★★★★

この価格帯では優秀

ここ最近Bluetoothイヤホンを何個も買いましたが、その中では1番よかったです。
私の場合耳の形での問題なのか、上手く固定できずにランニング中に外れてしまう製品が多かったのですが、これはランニングでもしっかり使えて満足しています

この商品をAmazonで見る

 

まとめ

 

このページでは、"おすすめのBluetooth(ワイヤレス)イヤホン"についてご紹介しました。

『iPhone 7』を始め、今後は"イヤホンジャック"が廃止されるスマートフォンが増えてくると思いますので、さらにBluetooth(ワイヤレス)イヤホンの普及は急速に進むことが予想されます。

Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンをまだ持っていないという方は、ぜひこのページを参考にしてみてください。