【必読】厄年の「男性」が絶対にしてはいけない4つのコト

 

このページでは、"厄年の男性が絶対にしてはいけないこと"について詳しくご紹介しています。

厄年はあくまでも"風習"ですので、『これは絶対にしてはいけない!』といったルールはありません。

しかし、より安全に厄年を過ごすためにも、今回ご紹介する"4つのポイント"をしっかり理解しておきましょう。

 

目次

 

  1. 男性の厄年は何歳?
  2. 厄年の男性が絶対にしてはいけない4つのコト

 

1. 男性の厄年は何歳?

 

まずは、"男性の厄年は何歳の時に訪れるのか"ということについてしっかり理解しておきましょう。

以下の表の年齢に当てはまる男性は、より安全に過ごせるように気を引き締めて生活しましょう。

 

男性の厄年は何歳?
前厄 本厄 後厄
24歳 25歳 26歳
41歳 42歳(大厄) 43歳
60歳 61歳 62歳

 

男性は長い人生の中で"3回"の厄年が訪れます。

特に男性の42歳は"大厄"と言われ、全3回の厄年の中でも最も用心しないとされています。

 

2. 厄年の男性が絶対にしてはいけない4つのコト

 

以下では、"厄年の男性が絶対にしてはいけないこと"について見ていきましょう。

厄年は『この年齢になると悪いことが起こりやすくなる!』と言われ、遥か昔の"平安時代"から現代まで受け継がれてきました。

より安全に厄年を過ごすためにも、以下でご紹介する"4つのコト"をしっかり理解しておきましょう。

 

2-1. 新しいことを始める

 

例えば、"結婚・新築・引越し・転職"など。

こういった"新しいこと"を始める際には、なるべく厄年の時は避けた方が良いと言われています。

自分が慣れていないことをする時や初めてのことをする時は、何かと心身ともにストレスを与えてしまい、非常に大きなパワーを必要とします。

そもそも、厄年には『この年は悪いことが起こりやすいため、普段以上に身を引き締めて生活しましょう』といった意味合いが込められています。

新しいチャレンジを成功させるためにも、厄年の時は"充電期間"と考えて、今以上に念入りに準備を行って万全にしておいた方が良いかもしれません。

 

2-2. 不規則な生活習慣を続ける

 

厄年は遥か昔の平安時代の頃から、『この年齢になると身体に不調を感じたり、様々な災難が起こりやすくなる』と言われ、今の現代にまで受け継がれています。

実際に男性の厄年の年齢を見てみると、この年齢は"身体に不調を感じやすい時期"というのがよく分かります。

 

◆ 厄年は人生の大きな転換期!

 

厄年は身体に不調を感じやすい時期!

 

厄年①『25歳』

社会人になって数年。

ようやく会社にも慣れて、少し気が緩みやすい時期。

あまり気を緩みすぎると、身体に無茶をさせて大きな病気を招いてしまう可能性も。

 

厄年②『42歳(大厄)』

仕事に対する経験とキャリアを充分に積んでいるため、今まで以上に重要な役職に就く年齢。

新たな環境や人間関係によるストレスと疲労に加えて、さらに家庭での不満なども感じやすくなる。

ちなみに、42歳は語呂合わせで『死に』と読むことから、それによって"大厄"とされている説も。

 

厄年③『61歳』

定年退職によって、今までの生活とこれからの生活が非常に大きく変わる時期。

生活の変化や収入の変化、さらに家族との新たな問題が発生する可能性も。

 

男性の厄年である"25歳・42歳・61歳"という年齢は、それぞれが心身ともに"大きなストレス"を感じやすくなる人生の節目です。

そのため、いつまでも不規則な生活習慣を続けていると、厄年がきっかけとなって、あなたの身体は積み木のように崩れていってしまうかもしれません。

厄年を安全に幸せに過ごすためにも、早い段階のうちから"規則正しい生活習慣"を取り戻すように努力していきましょう。

むしろ、厄年によって"自分の健康としっかり向き合える"と考えることができれば、あなたはどんな時も幸せに過ごしていけるはずです。

 

2-3. お金にルーズになる

 

厄年は健康面のトラブルだけでなく、"家庭内のトラブル"が起こってしまう可能性も高くなります。

特に厄年の男性は、"お金"に対してルーズにならないように注意しましょう。

中には、『厄年の時はお金をたくさん使うと"厄落とし"になる』といった話もあるようですが、お金の扱いがルーズになってしまうと"あなたの家庭"に大きな悪影響を及ぼしてしまう可能性が高くなります。

厄年を安全に過ごすためにも、必要なものだけを買うようにして、お金のトラブルを自ら引き起こさないように注意しましょう。

 

2-4. 厄年に対して気にしすぎる

 

先程もお伝えしましたが、厄年は『この年は悪いことが起こりやすいため、普段以上に気を引き締めて生活しましょう』といった意味合いが強く込められています。

しかし!

だからと言って、厄年に対して"過剰に気にしすぎる"というのは絶対に避けましょう。

厄年はあくまでも"必ず悪いことが起こる"という意味ではありませんので、普段よりも今年は安全に過ごそうくらいの意識で問題ありません。

あまり過度に気にしすぎてしまうと、あなた自身が悪いことを引き寄せてしまう原因になりかねません。

 

まとめ

 

特に男性の42歳は"大厄"と呼ばれ、人生で3回訪れる厄年の中でも最も用心するべきと言われています。

厄年を安全に過ごすためにも、常日頃から適度に気を引き締めて生活するように心がけましょう!