女を虜にする!ディープキス(ベロチュー)の仕方&テクニック

 

このページでは、"ディープキス(ベロチュー)の仕方&テクニック"についてご紹介します。

ディープキスのやり方が分からない、大好きな彼女を満足させられるキスがしたいという方は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

 

1. ディープキス(ベロチュー)のタイミングとは?

 

まずは、"ディープキス(ベロチュー)"のタイミングについて学んでいきましょう。

ディープキスは普通のキスとは違い、お互いの舌を絡め合って行う非常に激しいキスです。

そのため、少しでもタイミングを間違えてしまえば、相手の女性に"最悪なイメージ"を与えてしまうことも・・・。

 

1-1. デートの回数は関係ない

 

A太郎

1回目のデートにディープキスをするのは早すぎるかな?

やっぱり、3回目くらいがいいのかな?

 

中には、このように考えている方も多いかもしれませんね。

たしかに、1回目のデートにディープキスをするのは早すぎるという気持ちも分かりますが、特にディープキスをするのに"デートの回数"は関係ありません。

1回目のデートにディープキスをするカップルは多いですし、逆にいつまで経ってもディープキスをするタイミングが掴めないカップルもいます。

今の彼女と慎重にお付き合いしたいと考えている方は、2~3回目のデートにディープキスをしてみるのがいいかもしれません。

 

1-2. 最初は軽く、徐々に激しく

 

どんなにキスが上手い人でも、最初から激しくディープキスをしてしまったら、相手の女性に"ドン引き"されてしまいます。

まずは『ライトキス』などの軽いキスから始めて、徐々に『ディープキス』に移っていきましょう。

 

1-3. 必ず2人きりの空間で行う

 

ディープキスをする時は、必ず"2人きりの空間"で行うようにしましょう。

軽いライトキスなら周りに人がいても問題ないかもしれませんが、ディープキスは激しいキスですので、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

というよりも、人がたくさんいる場所でディープキスをするような男性は、相手の女性にドン引きされてしまいます。

 

1-4. お互いに見つめ合う回数が増えた時

 

先ほどもお伝えしましたが、最初から激しくディープキスをするのは絶対にNGです。

まずは、軽いライトキスから始めることが大切なのですが、中には『普通のキスをするタイミングが分からない!』という方も多いと思います。

この場合は、相手の女性と"お互いに見つめ合う回数が増えた時"にキスをしてみましょう。

見つめ合う回数が増えたということは、相手の女性もあなたとキスをしたいと思っているはず。

 

1-5. お互いにスキンシップの回数が増えた時

 

同じく、"お互いにスキンシップの回数が増えた時"というのも、キスをする最適なタイミングです。

例えば、相手との距離が近くなった時、お互いにボディタッチの回数が増えた時など。

相手の体に触れる回数が多くなったということは、お互いにもっと愛情表現をしたいというサインです。

 

2. ディープキス(ベロチュー)の仕方&テクニック

 

以下では、"ディープキス(ベロチュー)の仕方&テクニック"について学んでいきましょう。

ディープキスが上手い男性はモテやすく、相手の女性に愛されやすいという特徴があります。

男としての魅力を磨くためにも、ディープキスが上手い男性になりましょう。

 

2-1. 2人きりの空間を作る

 

まずは、ディープキスをするための"2人きりの空間"を作ることが大切です。

先ほどもお伝えしましたが、ディープキスはかなり激しいキスですので、人がたくさんいる場所で行ってしまうと、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

相手の女性とディープキスをする時は、以下のような"密室の空間"で行うようにしましょう。

 

おすすめの場所
  • 自分・相手の部屋
  • 車の中
  • 観覧車の中
  • 人がいない夜の公園
  • 個室の居酒屋
  • カラオケボックス
  • 漫画喫茶

 

ただし、個室の居酒屋・カラオケボックス・漫画喫茶はあなた以外のお客さんもいますので、必ず周りの方に迷惑にならないようしましょう。

 

2-2. 最高のムードを演出する

 

キスの時に絶対に欠かせないものといえば、お互いの恋愛感情を盛り上げる"最高のムード"です。

最高のムードを演出することができれば、相手の女性も『キスしたい!』と思ってくれますし、あなたのことをより愛してくれるはずです。

しかし、逆にムードがない場所で相手にキスをせがんでしまうと、それだけで相手の女性に嫌われてしまうことも考えられます。

そこで以下では、お互いの恋愛感情を盛り上げる"最高のムードの作り方"についてご紹介します。

 

2-2-1. 最高のムードの作り方

◆ 薄暗い部屋に行く

 

人は"薄暗い空間"にいると、異性に対して積極的に話しかけたり、スキンシップをしやすくなるという傾向にあるのだそう。

例えば、カラオケボックスや夜の車内など。

こういった薄暗い空間に行くことで、お互いに良いムードを感じることができます。

 

◆ 適度にボディタッチをする

 

過度なボディタッチやいやらしいボディタッチは、相手の女性に悪いイメージを与えてしまいます。

しかし、"適度なボディタッチ"はお互いに良いムードを作り出すことができ、そこからキスに繋げることができます。

どうしてもボディタッチするのが恥ずかしいという方は、まずは"手を繋ぐ"ことから始めてみましょう。

 

◆ 沈黙を上手く使う

 

先ほどもお伝えしましたが、お互いに見つめ合う回数が増えた時はキスの最適なタイミングです。

そのタイミングを作り出すためにも、あえて"沈黙の空間"を上手く使いましょう。

人は沈黙を感じるとアイコンタクトを行い、それによってお互いに見つめ合う回数が増え、そこからキスへと繋がります。

 

2-3. 緩急のあるディープキスをする

 

ディープキスが上手い男性は、無意識の内に"緩急のあるキス"を行っています。

どんなにキスが上手い人でも、いつも同じキスばかり行っていると、相手の女性はキスに刺激を感じなくなり、次第にあなたに対しても刺激を感じなくなってしまいます。

常に刺激のあるキスをするためにも、以下のポイントをしっかり押さえて、緩急のあるディープキスを覚えましょう。

 

2-3-1. 緩急のあるディープキスの仕方

◆ キスに強弱をつける

 

ディープキスをする時は、"強いキス""弱いキス"を上手く使い分けましょう。

様々な強さのキスを上手く使い分けることで、相手の女性を飽きさせないキスをすることができます。

当然、相手の唇を傷つけてしまう強すぎるキスは絶対にNGです。

 

◆ キスにリズムをつける

 

キスに"リズム"をつけると、お互いに呼吸をするタイミングやキスを終わらせるタイミングが分かりやすくなります。

実はキスにも"相性"というものがあり、特に呼吸をするタイミングが相手とピッタリ合うと、お互いに気持ちいいキスをすることができます。

 

◆ 長いキス・短いキスを使い分ける

 

ディープキスは軽いキスとは違い、比較的長い時間激しく続くキスです。

そのため、あまりにもキスを長く続けてしまうと、お互いに苦しくなってしまいます。

そうならないためにも、"長いキス""短いキス"を上手く使い分けるようにしましょう。

この2つのキスを上手く使い分けることで、キスに緩急をつけながら、お互いに気持ちいいキスをすることができます。

 

2-4. 焦らす

 

お互いの唇が触れる寸前で止めてみたり、軽いキスからゆっくりと徐々に激しいキスに移るなど。

相手の女性が『もう我慢できない!』と思ってしまうほど、敢えてキスを"焦らす"というのもおすすめです。

中には、焦らされるのが嫌いな女性もいますが、基本的にキスは焦らせば焦らすほど"気持ちいいキス"になります。

 

2-5. キス以外のスキンシップを行う

 

あなたはキスの時に"唇以外"でもスキンシップをしっかり行っていますか?

例えば、女性の耳を手で触ったり、相手の髪の毛を触るなど。

こういったスキンシップをキスの時に行うと、相手の女性はもっとあなたのことを好きになってくれます。

 

3. ディープキス(ベロチュー)をする時の4つの注意点

 

以下では、ディープキス(ベロチュー)をする時の"注意点"について見ていきましょう。

ディープキスは普通のキスとは違い、お互いの舌を絡ませるため、それによって相手に不快な思いをさせてしまうことも少なくありません。

ディープキスをする時は、必ず事前に以下のポイントをしっかりチェックしておきましょう。

 

3-1. 口臭ケアを怠らない

 

ディープキスはお互いの舌を絡ませ合うため、その時に自分の"口臭"が相手にダイレクトに伝わってしまいます。

当然、強い口臭は相手の女性に不快な思いをさせてしまい、それによってあなたのことを嫌いになってしまう可能性もあります。

ですので、ディープキスをする時はしっかりと"口臭ケア"を行うことを忘れないようにしましょう。

 

即効で口臭を消す方法
  • ミント系のガムを食べる
  • ミント系のタブレットを食べる
  • 烏龍茶を飲む
  • 歯を磨く
  • 舌を磨く

 

3-2. 唇の乾燥に注意する

 

ディープキスに限らず、軽いキスをする時でも"唇の乾燥"には注意しておきましょう。

もちろん、女性のようにグロスを塗ったり、前日に唇のパックをするなど、こういった本格的な唇のケアは必要ありません。

ですが、日頃から"リップクリーム"を持ち歩くようにして、常に唇が潤うようにケアしたいですね。

 

3-3. 鼻息を荒くしない

 

もしかすると、男性が最も注意すべきは"コレ"かもしれませんね。

ディープキスは普通のキスと比べて、長い時間激しく続くのが特徴です。

そのため、お互いの呼吸のタイミングが合わないと苦しくなってしまい、それによって"鼻息"が荒くなってしまうことも。

キスの時に鼻息が荒くなっていると、それだけで相手の女性はあなたに対して幻滅してしまう可能性もあります。

 

3-4. 事前に鼻毛処理をしておく

 

キスをする時は、事前に"鼻毛処理"を入念に行っておきましょう。

特にディープキスは相手との距離が限りなく近くなり、しかも長い時間その距離を保ちます。

そんな時に鼻毛がぴょこっと出てたら、相手の女性はムードを感じなくなってしまいます。

 

まとめ

 

このページでは、女を虜にするディープキスの仕方&テクニックについて見てきました。

しかし、中にはディープキスが苦手な女性もいるということを忘れないようにしましょう。

大好きな彼女とディープキスをしたい気持ちは分かりますが、どんな時でも相手の女性の気持ちを最優先に考えることがモテる男の近道です。

 

前のページ:【男性必見】メンヘラ女の7つの特徴と見分け方について

次のページ:【保存版】ブサメン&フツメンがイケメンになる方法10選