これがないと始まらない!株を始めるために必要な5つのもの

 

『よし!これから株を始めるぞ!』

 

なんて意気込んだのはいいものの、まずなにから始めればいいのか分からない、という株初心者さんは多いと思います。

株式投資を始めるためには、いくつか必要になるものがありますので、まずはその用意から始めてみましょう!

そこで今回は、株を始めるために必要な5つのものについて詳しくご紹介します。

 

株を始めるために必要な5つのものとは?

 

1.軍資金

 

株を始めるためには、ある程度のお金が必要になりますので、まずは軍資金を用意しましょう。

そして気になるのが、どれくらいの資金が必要なのかということですよね。

少し古い情報ではありますが、とても参考になる『株式投資の資金に関するアンケート結果』を見つけたのでご紹介します。

 

参照URL:http://stock.blogmura.com/board/enq/result38_129_-1.html

 

こちらのアンケート結果によると、10~50万円ほどの資金で始めたという方が全体の3割を占めているようです。

個人的にも株初心者さんは、だいたい30万円くらいの資金で始めるのが良いのかなといった印象です。

しかし、実際に株式投資で稼いでいる方のお話を聞くと、最初から50~100万円以上の資金で始めたという方が多いようです。

 

1-1.軍資金は余裕のある範囲で

 

資金が多ければ、その分だけできることの範囲が広がりますので、複数の銘柄を買ってリスク分散したり、自分のひらめきを試してみたりなど、株式投資に対する経験値がどんどん高まってきます。

ただし、資金が多ければ多いほどリスクも高くなりますので、まずは余裕のある範囲で始めることが最も重要です。

 

2.証券口座

 

実際に株の取引を始めるためには、まずは証券口座を開設する必要があります。

これがないと何も始まりませんので、株式投資を始めたいのであれば、必ず用意してくださいね。

 

2-1.証券口座とは?

証券口座とは?

証券会社に開設する口座のこと。証券口座には自分が持っている株を預けることができ、他にも現金を入れておくこともできる。

 

そして、証券会社は大きく分けて『総合証券』『ネット証券』の2つの種類があります。

どちらを選ぶかによって、株式取引の際に大きな差が出ますので、あなたに合った方を選ぶようにしましょう。

 

2-2.総合証券のメリット・デメリット

総合証券のメリット・デメリット

メリット

  • 担当者が付く
  • 手厚いサポートを受けられる
  • 商品が充実している
  • 情報量が多い
  • IPO(新規公開株)を獲得しやすい

デメリット

  • 手数料が高い
  • 担当者によって当たり外れがある(?)

 

総合証券は、対面・電話で株式投資の相談や個別サポートを受けることができます。

しかし、その分だけ人件費がかかっていますので、株式取引の際の手数料は割高になっています。

 

参照URL:http://biz-journal.jp/i/2013/03/post_1767_entry.html

 

さらに、こちらのサイトによると、総合証券の担当者の中にはノルマ稼ぎのために、『クズ株』と呼ばれる利益が見込めない株を押し付けるといったケースもあるようです。

もちろん、全ての担当者がこのようなことを行っているとは言えませんが、こういったケースもあるということを覚えておきたいですね。

 

2-3.ネット証券のメリット・デメリット

ネット証券のメリット・デメリット

メリット

  • 手数料が安い
  • いつでも好きな時に取引ができる
  • 株式投資に関する情報を無料で閲覧できる

デメリット

  • インターネット環境がないと取引できない
  • 誤発注の可能性がある
  • 担当者のアドバイスを受けることができない
  • ネット回線のトラブルによって取引のタイミングを逃してしまう可能性がある

 

近年ではネット証券が主流になっており、株初心者の方の多くがネット証券を通して株式投資を始めています。

ネット証券にもいくつかのデメリットはありますが、とにかく手数料が安いというのが最大のメリットになります。

さらに、お手持ちのスマホ・パソコンがインターネットに繋がっていれば、時間や場所にとらわれず取引できるというのも嬉しいポイント。

今ではネット証券も総合証券と同じくらい、手厚いカスタマーサポートを受けることができます。

 

2-4.証券会社の選び方

 

総合証券とネット証券の違いが分かったところで、次は証券会社の選び方について見てみましょう。

証券会社にも様々な種類があり、それぞれに大きな特徴があります。

今回はネット証券を選ぶと仮定して、有名な大手ネット証券の特徴をそれぞれまとめました。

 

■ SBI証券

手数料 ★★★★☆
情報量 ★★★★★
商品数 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 

SBI証券は間違いなく業界トップのネット証券です。

人気・実力ともにNo.1と言っても過言ではありませんので、特に株初心者の方におすすめしたいネット証券です。

 

 

■ 楽天証券

手数料 ★★★☆☆
情報量 ★★★★★
商品数 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

 

楽天証券は取り扱い商品や投資情報が非常に充実しています。

株式投資はとにかく情報が大切ですので、幅広いデータを無料提供しているというのは嬉しいポイントです。

 

 

■ GMOクリック証券

手数料 ★★★★★
情報量 ★★☆☆☆
商品数 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★☆☆

 

GMOクリック証券の最大のメリットは、とにかく手数料が安いということ。

上記のネット証券と比較すると、取り扱い商品数や情報量は劣りますが、手数料や費用を重視したいという方におすすめです。

 

 

2-5.おすすめのネット証券はコレ!

 

当サイトでは、おすすめのネット証券会社をランキング形式でまとめています。

気になる方は、ぜひ以下の記事も併せてご覧ください。

 

⇨ ~準備中~

 

3.パソコン・スマホ

 

株式投資を行う上で、パソコンやスマホ、タブレットは必須アイテムです。

もちろん、インターネット環境さえ整っていれば、お手持ちのパソコンやスマホで構いません。

特に会社員の場合、平日の昼間は主にスマホを使って株の取引を行う方が多いと思います。

 

3-1.タブレットのすゝめ

 

近年のスマホはどれも高性能ですので、壊れていたり極端に古い機種じゃない限りは、新しくスマホを買い換える必要はありません。

しかし、スマホ画面は小さくて見えにくいという方も多いと思いますので、個人的には専用のタブレットを使うのがおすすめです。

画面が大きければ株の誤発注も防ぐことができますし、より効率的に分析することもできます。

タブレットも決して安い買い物ではありませんので、お金に余裕のある方はぜひ検討してみてください。

 

4.会社四季報

 

『株を始めるなら会社四季報が必要だよ!』

 

なんて、よく株初心者向けのサイトで言われていますが、そもそも会社四季報ってどんなものなのでしょうか?

そこで以下では、会社四季報について簡単にご紹介しますね。

 

4-1.会社四季報とは?

会社四季報とは?

東洋経済新報社が1年に4回発行している、上場企業の業績や財務状況をまとめた情報誌。

 

会社四季報で分かること

  • 何をしている会社なのか
  • その会社は儲かっているのか
  • その会社の将来性とは
  • その企業は健全かどうか
  • 株主にしっかり還元できているのか

 

会社四季報には企業の様々なデータや今後の見通しなど、株式投資を行う上で絶対に欠かせない情報がたくさん掲載されています。

特に株初心者の方は、まずどの銘柄を選べばいいのか分からず、知っている企業の株を闇雲に購入するケースが多いですよね。

中には、ビギナーズラックで利益を出す方もいますが、そんなギャンブル性の高い投資はおすすめできません。

実際に株を購入する際には、事前に企業の情報をしっかり頭に入れて、その上でどの銘柄がいいのか選ぶことが大切です。

 

4-2.会社四季報はどこで手に入るの?

 

会社四季報は本屋さんに1冊2,060円(税込)で売られています。

しかし、証券会社によっては無料で提供されている場合もあります。

まずは会社四季報の見方を勉強したいという方は、以下の『会社四季報オンライン』がとても役に立つと思います。

 

 

5.株式投資に関する基礎知識

 

実際に株を始める前に、株式投資に関する基礎知識について勉強しておきましょう。

こんな人は滅多にいないと思いますが、株に関する知識が全くない中で闇雲に投資を始めるのはリスクが高すぎます。

投資の世界では、持っている知識や情報によって命運を大きく左右しますので、必要最低限の知識を絶対に身に付けておきましょう。

 

5-1.どうやって勉強するの?

 

株初心者におすすめの株式投資の勉強方法12選』の記事で詳しくお伝えしていますが、株式投資の勉強方法には様々な種類があります。

その中でも、特におすすめなのは『書籍』を使った勉強方法ですね。

今ではインターネット上でも様々な情報を見ることができますが、むしろ情報がありすぎて株初心者の方は混乱してしまいます。

特に株の入門本なら、その1冊を読めば株式投資の全体像を把握できますので、最低でも1冊はじっくり読んで理解しておきたいですね。

 

5-3.どの本がおすすめなの?

 

ひとことに初心者向けの入門本といっても、今やその種類は数え切れないほどありますよね。

実際に本屋さんに行ってみても、『株初心者』『株入門』って書かれている本がズラーっと並んでいます。

その中でも特におすすめできる書籍について、『~準備中~』の記事で詳しくまとめましたので、ぜひご覧になってみてください。

 

まとめ

 

必要なものが分かったら、まずは証券口座の開設から始めてみましょう!

引き続き『~準備中~』の記事では、株式投資の具体的な始め方と大まかな流れについて解説していますので、ぜひご覧になってみてください。