会社を辞めたい人必見!仕事のストレスを解消する方法【悩み別】

仕事のストレス (12)

 

ストレスは人生のスパイス。

なんて言葉をよく耳にしますが、仕事上のストレスというのは本当に辛いもの。

仕事で大きなストレスを受けてしまうと、思わず『仕事を辞めたい』なんて考えてしまいますよね。

そこで今回は、仕事のストレスを解消する方法についてお伝えします。

 

1.【悩み別】仕事のストレスを解消する方法

 

仕事でストレスを感じる瞬間というのは、その人によって大きく異なります。

そこで以下では、あなたの仕事の悩みに合ったストレス解消方法をまとめました。

あなたに当てはまる項目をチェックしてみてください。

 

 

ストレス①『上司との人間関係』

仕事のストレス (7)

 

上司との人間関係によってストレスを溜め込んでしまう方は多いです。

実際に私の周りにも上司と馬が合わず、入社して数ヶ月で会社を辞めてしまった人がいます。

その知人は女性の方なのですが、就業中にかなりのストレスを受けていたようで、退職後の手続きで会社から電話が掛かってくるだけで、全身が緊張して胸の辺りが苦しくなったと話していました。

 

上司との関係が悪くなってしまうと、今後のあなたの仕事にも大きな影響を与えます。

働きやすい職場環境を保つためにも、上司との関係は良好にしておきたいもの。

しかし上司との人間関係が悪化する原因は、その時のケースによって様々。

実は上司ではなく、あなた自身に問題があるケースもあります。

 

~対処法~

 

上司との人間関係のストレスを解消するためにも、まず関係が悪化した原因をハッキリさせましょう。

 

■ 上司に問題がある場合

  • 部下に威圧的
  • 部下に責任転嫁する
  • 部下によって態度を変える
  • 部下を論破したがる
  • 感情的になりやすい
  • 自分に甘く他人に厳しい
  • 部下に過剰なプレッシャーをかける

■ あなたに問題がある場合

  • 上司に対して感情的になっている
  • 責任感がない
  • 良好な関係を築こうとしていない
  • 人付き合いが苦手

 

上司と良好な人間関係を築きたいのなら、まずは関係を悪化させないことを意識しましょう。

そのためには、上司に対して感情的にならないということが大切です。

時には上司から嫌味を言われることもあるかもしれません。

しかし『争いは同レベルの者同士で起こる』と言われるように、そこで感情的になって応戦してしまうのは賢くありません。

 

たとえ上司から嫌味を言われたとしても、その悔しさをパワーに変えて、仕事で結果を出して見返すことが大切です。

あくまでも仕事上は部下として全うして、心の中では『この人って本当に頭悪いんだな』と好きなように思えば良いんです。

自分の心の中で折り合いをつけるというのは、どんなストレスに対しても効果的です。

 

ストレス②『同僚との人間関係』

仕事のストレス (3)

 

あなたにとって同僚というのは、同じ職場で同じ目標に向かって切磋琢磨し合う仲間です。

しかし時には、同僚との人間関係によってストレスを感じてしまうことも。

同僚はあなたの仲間であって、それと同時にあなたのライバルでもあります。

だからこそ、良い関係を築くのが難しいのかもしれませんね。

 

~対処法~

 

同僚との人間関係でストレスを感じている方は、まず相手との距離感を見直してみましょう。

あくまでも同僚は仕事上の仲間ですので、学生時代の友達のような距離感では上手く行かないことも多いです。

近すぎず遠すぎない距離感を保つことで、お互いに協力し合える仲になれるかもしれません。

 

特に同僚との人間関係というのは、お互いに近い存在であるからこそ、その人の価値観や性格が大きく影響します。

ただ距離が遠すぎてしまうと、職場で孤立してしまう可能性もありますので、日頃から適度なコミュニケーションを忘れずに。

 

ストレス③『顧客との人間関係』

仕事のストレス (2)

 

時には職場での人間関係ではなく、顧客との人間関係でストレスを感じることもあります。

顧客との人間関係というのは、その会社にとって財産そのもの。

だからこそ、お客様との関係は常に良好にしておきたいですよね。

 

~対処法~

 

顧客との人間関係に悩んでいるという方は、その失敗を次の顧客に持ち越さないことが最も重要です。

そもそも全ての顧客に好かれるというのは不可能なこと。

今回の失敗も勉強の1つだと考えて、次に活かすことを考えましょう。

顧客との関係で何度も悩んでいるという方は、顧客ではなく人として向き合うことも大切です。

 

ストレス④『今の仕事を続けるべきか』

仕事のストレス (13)

 

今の仕事を長く続けることに不安感を抱いている方は多いですよね。

今の仕事を続けるべきか、それとも他の仕事を早めに探すべきか。

このように悩んでいると、目の前にある仕事に集中できなくなってしまいます。

スッキリとした気持ちで仕事に集中するためにも、早めに仕事に対するストレスを解消しておきたいところ。

 

~対処法~

 

まずは今の仕事を続けるべきか悩んでいる理由をハッキリさせましょう。

あなたはどういった不満があって、今の仕事を続けるべきか悩んでいるのでしょうか?

 

■ あなたの不満とは?

  • もっと楽な生活をしたい
  • もっと楽な仕事をしたい
  • もっと給料を多く貰いたい
  • 好きなことを仕事にしたい
  • やりがいのある仕事をしたい
  • 自分の目標や夢を叶えたい

 

今の仕事に不満があるということは、自分が求めている欲求が満たされていないということ。

その欲求は仕事を辞めることで、本当に手に入るのかじっくり考えてみてください。

実は今の仕事を続けることこそが、一番の近道だったなんていう場合も。

ただし、今の仕事を続けていたら命に関わるという場合は、最優先で自分の身の安全を守ることが大切です。

 

ストレス⑤『会社の将来性が感じられない』

仕事のストレス (10)

 

会社の将来性が感じられないというのも、仕事でストレスを受けてしまう原因の1つです。

将来性のない会社で働き続けるというのは、様々なデメリットが予想されます。

例えば・・・

 

■ 将来性のない会社のデメリット

  • キャリアを重ねても給料が上がらない
  • 年齢を重ねるに連れて転職が不利に
  • 人員削減やリストラの可能性も

 

もちろん、どんな会社でも一生安泰というのはありません。

しかし将来性のない会社には、特に多くのデメリットがあります。

 

~対処法~

 

会社の将来性については、入社前にしっかり見分けることが大切です。

しかし入社してから気づいたという場合は、転職を視野に入れて考える必要もあるかもしれません。

世界中で急速に様々な技術が発達している中で、あなたの会社の製品やサービスは活躍することができるでしょうか。

 

人々のニーズに応えられるかというのが、会社の将来性を決定する大きなポイントになります。

そのためにも、世界中のトレンドを把握しておくことは非常に大切です。

会社の将来性を見分けられるというのは、転職する際にも非常に重要なスキルとなります。

 

ストレス⑥『自分に合わない仕事をしている』

仕事のストレス (8)

 

仕事の相性というのは非常に大切。

自分に合った仕事というのは、楽しみながら作業に集中することができます。

しかし自分に合わない仕事をしていると、どんどんストレスが溜まっていくばかり。

そして無理をして仕事を続けていれば、最終的に大きな病気を引き起こしてしまうことも。

 

~対処法~

 

体に合わないことをするというのは、心身ともに大きなストレスを与えてしまいます。

しかしだからと言って、仕事に対して消極的になるのはNGです。

むしろ積極的に仕事に取り組んで、今の仕事の楽しい部分を見つけ出してみてみましょう。

 

どんな仕事でも『自分に合わない』というフィルターを通して見てしまうと、その仕事の魅力的な部分を見逃してしまいます。

自分の新たな扉を開くという前向きな気持ちで、苦手なことにも果敢に挑戦することも大切です。

どうしても自分に合わないという場合は、転職を視野に入れて考えるのも必要です。

 

ストレス⑦『会社の方針に納得できない』

仕事のストレス (11)

 

自分に合わない仕事をするのと同じように、会社の方針に納得できないというのもストレスを感じる瞬間です。

これは先ほどの『今の仕事を続けるべきか』といった悩みにも繋がりますね。

仕事に対する思いやこだわりというのは、働き続けることで現れてくるものです。

入社当時は何とも思っていなかったが、次第に会社の方針に疑問を持つようになったという方は多いです。

 

~対処法~

 

会社の方針に納得できないという方は、以下の2つの対処法があります。

 

■ あなたはどっちを選ぶ?

  • 自分の考えを殺して今の会社で働き続ける
  • 他の会社に転職する

 

1つ目は、自分の考えを無視して今の会社の方針に従って働くということ。

これが最も現実的な答えかもしれませんが、この場合は会社のために働くということになってしまいます。

しかし人の考えは常に変化しますので、もしかすると今後、今の会社の方針の真意に気付くことができるかもしれません。

 

そして2つ目は、自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる会社に転職するということ。

しかし転職したとしても、また同じような理由で転職を続けている人もいます。

 

ストレス⑧『労働時間が長すぎる』

仕事のストレス (9)

 

労働時間が長いというのは、心身ともに大きなストレスを与えてしまいます。

特に身体的な負担が大きいため、様々な病気を引き起こす可能性が高まるのだそう。

そして長時間労働の一番の問題は、本人だけでなく周りにも大きな影響を与えるということ。

 

■ 長時間労働の悪影響

  • 家族に八つ当たりしてしまう
  • 家庭を壊してしまう
  • うつ病などの症状を引き起こす
  • 生産性が落ちてしまう

 

長時間労働によって精神面に悪影響が及ぶと、家族に八つ当たりしてしまったり、それによって家庭が崩壊してしまうケースも少なくありません。

さらに疲労によって心身ともに衰えてしまい、うつ病などの大きな病気を引き起こすことも。

 

~対処法~

 

とにかく心身に溜まった疲労とストレスを解消するためにも、積極的に休むということを心がけましょう。

疲労やストレスが溜まっていると、いくら仕事をしても全く捗りません。

生産性を向上させるためにも、休むことも仕事の1つだと考えてください。

 

そして無理をして頑張りすぎないというのも大切です。

今の時代はパソコン1台、もしくはスマホ1台あればどこでも仕事ができます。

こんな時代だからこそ、休みの日はパソコンやスマホから離れるということが大切です。

 

ストレス⑨『仕事の量が多すぎる』

仕事のストレス (1)

 

仕事量が多すぎるというのもストレスを溜め込む原因に。

特に人手不足によって少数精鋭になっている会社は、あなたの手が止まってしまうと、会社全体の売上に大きな影響を与えてしまうことも。

自分一人で終わらせないといけないというプレッシャーもあるため、かなりのストレスを溜め込んでしまいます。

 

~対処法~

 

仕事量が多すぎるというのは、上司に問題があるケースもあります。

そもそも部下の仕事の量を決めるのは上司の役割りです。

部下のミスは上司の責任となりますので、適正な量の仕事を振り分けるというのは非常に大切なこと。

思い当たる節がある方は、まず上司に相談してみるのも良いですね。

 

他にもあなたに問題がある場合も。

例えば仕事のやり方が非効率的になっており、30分で終わる仕事を何時間もかけてしまう。

この場合は仕事の量が多すぎるのではなく、あなたの仕事のやり方に問題がありそうです。

 

■ 仕事を効率的にこなそう!

  • 優先順位をつける
  • スケジュールを管理する
  • 仲間に頼れる時は頼る

 

ストレス⑩『給料が低すぎる』

仕事のストレス (15)

 

仕事で最もストレスを感じるのは人間関係、そして次点で給料に関する悩みだと思います。

給料をいくら貰えるのかというのは、仕事をする上で非常に重要なポイントですよね。

その貰った給料で生活していくわけですから、特に家庭を持っている方にとっては、大事な家族にも影響を与えてしまうことも。

 

■ 年代別の平均年収

  • 20代:320万円~380万円
  • 30代:390万円~500万円
  • 40代:430万円~600万円
  • 50代:460万円~750万円

 

~対処法~

 

■ 今の会社で成果を上げる

今の給料を上げるためには、仕事で結果を出すことが最も重要です。

今までは断っていた仕事を、これからは積極的に引き受けるなど。

自分のスキルを高めることにも繋がりますので、様々なことに挑戦してみるのも良いですね。

 

■ 副業をする

会社が認めている場合は、副業を始めてみるというのも良いかもしれません。

今やパソコンさえあれば、簡単に副業を始められる時代です。

中には本業よりも副業の方が大成功してしまい、自分で会社を起こすという人も増えていますね。

 

■ 転職する

やや非現実的な方法かもしれません。

しかし自分から行動をしないと、いくら待っていても給料が上がるということはありません。

もちろん給料だけを考えて転職するのはNGですが、様々な面でじっくり考えて転職を決めるというのは良いかもしれません。

 

ストレス⑪『異動や転勤が多い』

仕事のストレス (4)

 

いくら仕事だからといって、異動や転勤が多いのも悩みどころ。

その度に仕事の環境が大きく変わるため、それによってストレスを感じてしまいます。

それに家庭を持っている方は、大事な家族にも大きな影響を与えることに。

 

■ 異動や転勤の影響

  • 新しい人間関係の構築
  • 新しい仕事内容に慣れる
  • 新しい経営方針を理解する

 

異動や転勤となってしまうと、新たな人間関係を0から築かないといけません。

これは人とのコミュニケーションが苦手な方にとっては、かなりのストレスになります。

さらに上司も変わり仕事内容も一変するため、今までの自分の中の常識が通用しないということも。

 

~対処法~

 

新しい環境に身を投じるというのは、実は非常に大きなストレスになるんです。

よく5月頃に体調を崩す方は多いですが、あれは4月の大きな環境の変化が主な原因。

 

環境の変化に上手く対応するためにも、常にリラックスした気分で仕事を行うようにしましょう。

そのためには毎日ぐっすりと睡眠をとることが大切です。

緊張した状態が長く続いていると、夜眠れなくなってしまうこともあるため注意です。

 

ストレス⑫『仕事でミスを犯してしまった』

仕事のストレス (5)

 

仕事でミスをした時って、『もう辞めたい!』と思ってしまうくらいストレスを感じますよね。

しかしそこで本当に仕事を辞めてしまうと、さらに職場の方に迷惑をかけてしまいます。

仕事でミスをした時に最も大切なのは、その失敗をまた起こさないということ。

さらに失敗を挽回できるように、今まで以上に仕事に集中することも大切です。

 

~対処法~

 

仕事でミスを犯してしまう原因は様々あります。

その中でも特に大きなポイントとなるのが、以下の4つの項目です。

 

■ 仕事でミスを起こす原因とは?

  • 視野が狭い
  • 重要なことをメモに取らない
  • 寝不足や体調不良
  • 気が緩んでいる

 

特に日々の寝不足や体調不良というのは、仕事のミスに大きく繋がる重要なポイント。

生活習慣を整えて体調を万全にすることは、仕事をしっかり熟す上で欠かせません。

そして中には、今の仕事の環境が原因でミスを起こしてしまうというパターンもあります。

やはり自分に合わない仕事をしていると、大きなミスを犯してしまう可能性が高まるようです。

 

ストレス⑬『職場でハラスメントを受けている』

仕事のストレス (6)

 

今や深刻な社会問題となっているハラスメント。

ハラスメントには様々な種類があり、それだけトラブルが起こる可能性が高いということが言えます。

 

■ 様々なハラスメント

  • セクシャルハラスメント
  • パワーハラスメント
  • モラルハラスメント
  • マタニティーハラスメント
  • リストラハラスメント
  • アルコールハラスメント
  • エイジハラスメント

 

人によっては無意識に行っている場合もあるため、そこが職場のハラスメントの厄介なポイント。

ハラスメントは心の病や自殺問題にも大きく関わるため、今現在ハラスメントで悩んでいる方は早めの対策が重要です。

 

~対処法~

 

まずハラスメントを受けた場合は、その証拠となるものを残しておきましょう。

その上で会社に相談を行えば、より迅速に対応を行ってくれるはずです。

ハラスメントを我慢して耐えるのではなく、他の人に被害が広がる前に改善を訴えましょう。

 

まとめ

 

最近では社会で生き抜くためには、経験やスキルよりも『ストレス耐性の高さ』が重要とも言われています。

仕事のストレスは非常に辛いと思いますが、それを乗り越えることで、あなたのレベルはグンとアップするはずです。

参照:もう騙されない!ブラック企業の特徴と見分け方